« non title | トップページ | non title »

2003/11/12

ニューヨーク 知ったかぶり

常盤新平 著
ダイヤモンド社

著者が訪れた80年代のニューヨークがぎっしり詰まった本だ。
常盤新平のニューヨークは、私の知っているニューヨークと重なる部分が多い。(共感できる)
それに、ピート・ハミルやニューヨーカーの編集長に取材をしているところなどは尊敬に値する。
以前に何度も書いているのだが、80年代のニューヨークを見たことがあることは、私にとって大きな宝物であり、この本は当時のNYに関心のない人にとっては古い情報に過ぎないかもしれないけれど、私にとっては違うのである。今読んでも不思議なことにワクワクするのだ。

このなかに「ベスト・オブ・ニューヨーク」というコラムがある。
雑誌『New York』に1985年12月に特集されたニューヨークのベストを選ぶという記事を紹介している。

名士たちにニューヨークのベストとワースト。
当時の市長であったコッチ市長のベストはメトロポリタン美術館、ワーストは落書きだらけの地下鉄。
イヴ・サンローランのベストは『ヴォーグ編集長』ダイアナ・ヴリーランド、ワーストはエイズ。
ニューヨーカーの作家ヴェロニカ・ジェングのベストはメッツ、ワーストはヤンキースのオーナー、スタインブレナー。
不動産業者のモーティマー・ザッカーマンのベストはメッツのピッチャー、ドワイト・グーテン、ワーストはアパートの修理。
作家ジェイ・マキナニーのベストはニューヨークの夜、ワーストはニューヨークの朝。

編集者や執筆者が選ぶニューヨークのベスト。
床屋のベスト:リージェンシーホテルのフランス人レイモン・ジェフロワ
刑事のベスト:ニューヨーク市警察のロバート・ギャラガー、38歳
ホットドックのベスト:カーネギー・デリのホットドック(4ドル25セント)
映画のベスト:『成功の甘き香り』(1957年)
摩天楼のベスト:クライスラー・ビルディング
エレベーターのベスト:クライスラー・ビルディング
エスプレッソのベスト:ヴィレッジのカフェ・ダンテ

などなど。

私にとってのベストは、ニューヨーク公立図書館。
ワーストはエンパイヤー・ステイト・ビルディングの展望台へ並ぶ長蛇の列。

« non title | トップページ | non title »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ