« non title | トップページ | non title »

2004/02/29

non title

昨日は館林美術館の講座に出席。テーマは「ウォーホルとポップアート」で申し込みしたときから楽しみにしていたものだ。でも、実際講義を聞いてみると知っていることばかりでちょっとがっかり。それに講師の話にもあまり工夫がみられなかった。ウォーホルについてはテレビや本で広く知られているし、仕方ないかもしれないけれど。おなじみのマリリン・モンローやキャンベルスープ缶、コカコーラをモチーフにシルクスクリーンを使って制作した作品のスライドなどは楽しめた。彼が同性愛者だったことは述べられたが、エイズで死去したことには触れず、こういう講座では話してはいけないのかな?と疑問に思う。
ありふれたものをモチーフにし、それを反復する技法を初めて試みて成功したということ、彼の色使いに対する高い評価など、再認識させられたことは間違いない。
講座が終わってから、以前多々良沼の夕暮れ時がすごく切綺麗だと聞いたことを思い出して、車を止めてしばし夕日を見る。日が沈むスピードがこんなに速いなんて初めて知った。あっというまだった。ちょうど夕日の前を白鳥が横切って行った。

ビデオで「僕たちのアナ・バナナ」を見た。なぜならば、エドワード・ノートン監督・主演だと知ったので。
そして映画の舞台はニューヨーク。ニューヨークにはたくさん教会があるが、ノートンはカトリックの神父役で、その親友はユダヤ教のラビ役という設定。両者とも生粋のニューヨーカーであることが面白く、私も知っているマンハッタンの名所がいくつか出てきた。たとえばメトロポリタン美術館のルーフガーデンや、クロイスター美術館の回廊とハドソンリバーの見える庭園など。カトリックの神父は結婚できないけど、ラビは結婚できるということだ。この違いは大きいなぁ。セリフにはノートンの知性が感じられたが、映画自体は65点くらい。

アマゾンからポール・オースターのエッセイが届いた。

« non title | トップページ | non title »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ