« non title | トップページ | ニューヨークで見つけた気持ちのいい生活 »

2004/03/25

non title

昨日、とある送別会でお酒を飲んだので、職場に車を置いたまま電車で帰った。だから今朝は久しぶりに電車での出勤となった。
普段どこに行くにも車のため、こと通勤路については電車に乗るととても不思議な感じを覚える。いつもはくぐるはずの高架。その高架側から下を見下ろすと、同じ景色のなかにいるのにまったく違ったところに存在しているような感覚だ。普段の自分を別の場所から見ているようなそんな感じ。それに車は自分が動かすわけだけど、電車だと運ばれているので、同じ方向に向かっているのにぜんぜん違う感覚だなぁとじみじみ思う。
昨日の送別会は同年代の集まりだったので、話したいことも遠慮なく言えるし気を遣わなくていいのでラクだと感じる。男女の違いも教職員の違いもあまり(まったく?)関係なく話せるのは楽しい。(先生に対して敬うという気持をすっかり忘れてしまっている)
ただその中で、人は他人のことを勝手に解釈しているんだなぁとつくづく感じるとともに、まあそれが許される範囲でなら良いのだろうとも思った。でも個人的にはもう少し思いやりをもちつつ騒ぐほうが合ってるように思うけれど、たまにあのようなところに顔を出すと鍛えられてしまうのが恐い。鍛えられるというより、合わせてしまうのかもしれないけれど。

今週末は東京にお芝居を見に行く。
久しぶりなのでちょっとわくわくしている。ついでに買い物なんかもしようかなぁ。東京での買い物はいつも刹那的になるのだけど、いいものがあれば買うくらいの気分で見てみようかな。
お芝居の感想はあとで書こうと思う。

« non title | トップページ | ニューヨークで見つけた気持ちのいい生活 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« non title | トップページ | ニューヨークで見つけた気持ちのいい生活 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ