« non title | トップページ | 大聖堂 »

2004/03/31

non title

「新ニューヨーク恋物語」を見た。すっかり忘れていたのだが、どこかにひっかかっていたのかな、8時半ごろ帰宅し夕飯を食べながら新聞を開いて気付く。
思えば初めて87年にNYに行った直後88年の放送だったというから、このドラマの中のニューヨークは私のニューヨークと重なる。
87年放送の内容は正直言うとなんとなくしか思い出せない。昨日の放送で断片的にフラッシュバックされたなかに、あぁそうだったなと少しずつ蘇ってきたけれど。ただ、イメージとしては強烈に残っている。大都会での大人の男女の恋模様。傷ついたり傷つけたり、優しくしたり優しくされたり。頼りないけれど強く生きる人達を描いていたように思う。
韓国人の美姫(ミヒ)という女性がすごく綺麗な人だったということが急に思い出される。そして今回も登場していた。すごく芯の強い女性になっていたが、おぼつかない日本語が可愛らしさも引き出していたと思う。
トランプタワー(トランプタワーはかのスピルバーグも住む5番街に面した超高級高層マンション)に住む田村正和は孤独である。富を手に入れても根無し草であることの寂しさを痛感している。その部分がなんとも切ない。
人は自らの幸せのために無我夢中になり、他人を傷つけたり犠牲にしようとしてしまうことがあるけれど、最後の最後、寸前で大事なことが何かに気付き、それを守れる場合がある(そういう人がいる)。そうなれたとき(そうなれる人は)、全てが幸せの方向に進み出すんじゃないか、と漠然と思ったりしていた。でも、大抵の場合、本人はそんなことをこれっぽっちも意識していないのだ。そのことが素敵だ。

新ニューヨーク恋物語 オフィシャルサイト
http://www.fujitv.co.jp/NY/index2.html

« non title | トップページ | 大聖堂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« non title | トップページ | 大聖堂 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ