« non title | トップページ | non title »

2004/04/06

non title

先日の日曜日は休日だというのに出勤で、でも3時ごろには終わったのでその足で映画を見に行った。
恋愛適齢期 “Something Gotta Give”
印象に残るシーンは、ダイアン・キートンとジャック・ニコルソンがお互いのメガネを取り違えて月日が流れるのだが、パリで再会したときそれを返すシーン。ジャック・ニコルソンが「これでまたひとつ区切りがついたな」とつぶやく。そういう繊細な事柄を映画の一場面にするというセンスの良さを感じる。

新しい季節が始まって、すべてがぎこちなく動き出している。
さっき Captain とやっと電話でつながった。あの安心感がいまの職場にはないのがちょっと淋しい。Captainはもうすぐ異国の地へ行くという。

今日は市役所のとある方から異動されたとのメールが入る。新たな職場でもきっと変わらず活躍されることだろう。いつもエネルギーを分けてくれる人なのだ。今度は11階にいるというので、訪ねてみるつもりだ。

« non title | トップページ | non title »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ