« non title | トップページ | non title »

2004/04/15

non title

今週は毎晩11時からBS-2でメトロポリタン美術館を特集している。各回テーマがありしかも1時間たっぷり見せてくれる。昨夜は大富豪ロックフェラー家がメトロポリタン美術館に寄贈した数々の美術品を紹介していた。その中にクロイスターズ(分館)にある7枚のタペストリーがあるのだが、これはメトロポリタンのなかで私のお気に入りである。クロイスターズはマンハッタン北部のフォート・トライオンという場所にある。美術館の建物自体が中世の教会建築を移築したのもで、小高い丘にハドソン川を見下ろすように建っている。
ここのタペストリーというのは中世ヨーロッパに伝わった一角獣伝説をモチーフにしているもので、昨夜の番組の解説を聞くまではただその色とりどりの糸で織られた複雑さと一角獣にひかれ、漠然といいなぁと思っていたのが、それが実はロックフェラーの心を癒していたことや、7枚のうち特に私の好きな1枚はキリストの再生も表現していることを知り、感動は更に深まる。
クロイスターズに行くと、そこがマンハッタンだということを忘れるほど落ちついている。ミッドタウンからバスに乗ってハーレムを抜け雑然としていてあまり清潔とは言えない街並みを更に北へ走り(このあたりは一人だと心細くなってくる)、終点のフォート・トライオンに着くと本当にホッとする。でも、その道中はNYの影を垣間見る機会でもある。真冬に、まだ一度しか行ったことがないので、今度は暖かい季節に行ってみたい。

鷺沢萠が亡くなったという。「大統領のクリスマスツリー」や他のエセイなど彼女の書いたものが好きだった。なぜ死を選んでしまったのだろうか。そこまでの思いをなぜ書かなかったのだろうか。残念で本当に残念でならない。

« non title | トップページ | non title »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ