« non title | トップページ | non title »

2004/04/19

non title

昨日の日曜日のこと。
午前中は弟の子供たち(男子2名)が来るというので、動きやすい支度をして待ち構える。ふたりは、この前の下の子の誕生日にプレゼントした「おたのしみ券」をにぎってやって来た。「この券を持ってきたらお菓子がもらえるよ」ということを全部ひらがなで書いて、それらしく「券」にしてあげたのだが、張りきってやってきたので大成功といえる。お菓子はふたりに等しくちゃんと袋に入れて用意しておいて、それを渡すと、これ以上にないほど喜んでいた。

子供たちが帰ると、急いで上武大学の野球場へ。
天気は最高で野球観戦にはもってこいの午後。最近、日光に当たるということがあまりなかったせいか、気持よくって眠気が襲ってきて観戦中にウトウトしてしまう。なんだかすごく健康的。

いつも元気そうで、何の問題もなさそうに見える人ほど、その奥で苦労があったり悩んだりしていることがある。ちょっとでもサインを出してくれれば飛んで行くのに。あとから、笑い話として話してくれるところがまたその人らしい。
人の行動は紙一重だと思ってしまう。どんな拍子でどっちに転ぶかわからないなぁと。弱くなっているところに何が作用するかわからない。そんなふとした拍子に何かできたらいいと思う。特にがんばっている人については。

« non title | トップページ | non title »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ