« non title | トップページ | ニューヨークの古本屋 »

2004/06/17

non title

桐生へ出張。
久しぶりの桐生。実は私はこの土地で母のお腹に宿ったということだ。だからなのか、なんだかとっても懐かしい気がする。活気のあった商店街はさびてれしまい、シャッターの下りたお店のほうがそうでないお店の数より多いような感じだが、ちょっと入った路地には、昔ながらの喫茶店やその他の商店が今でもひっそりと存在するのが桐生の良さなのではないだろうか。6時に出先での仕事を終え、近くの伽羅(きゃら)というこぎれいな喫茶店に入り、思わずハヤシライスを食べた。これの旨いこと!年輩の女性が一人で切り盛りしており、手作りのチーズケーキも素朴で美味しい。もう、これだけで満足してしまう。
帰りはもと来た道をたどり、途中、父の元の職場をかすめ、小学校のとき、桐生で公演された演劇を、仕事を終えた父と見るために伊勢崎からバスに乗って一人で桐生までやってきたことをにわかに思い出す。何故か、その日の服装までよく覚えている。錦桜橋を渡ってちょっとした並木通りを過ぎたところが父の職場だった。その場所は今も変わらない。

« non title | トップページ | ニューヨークの古本屋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« non title | トップページ | ニューヨークの古本屋 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ