« The Human Stain | トップページ | non title »

2004/07/04

non title

オードリー・ヘップバーン展に行く。
最終日だったため相当な混み様だったが、オードリーの衣装や靴、それにオスカーを獲ったときのトロフィーや「ローマの休日」に使われたべスパまで実物を見ることができた。

田舎暮らしのため、普段は人との距離がそれなりに保たれているので、東京の人ごみではまっすぐに歩けなくてそれだけで疲れてしまう。

昨日は映画「デイ・アフター・トゥモロー」を見た。
展開はお決まりのハリウッド映画のそれだったのだが、ニューヨーク公立図書館が出てきて、あの広々としたリーディングルームなど映画用のセットなのだろうが、実際と同じようにに仕上げてあり、私にとってはそれだけで満足。
舞台となっているニューヨークやロスなどに住んでいる人がこの映画を見たら、本当に恐怖なのではないだろうかと思う。それだけ街がリアルなのである。
この映画のような異常気象が急激にやってくることはないだろうが、地球のこれからを見直す大切な時期に私たちは現在立ち会っているんだなぁと改めて考えさせられてしまう。と同時にもしあのような状況が襲いかかってきたら、身近に渦巻いている一部の人の欲望から生まれる下らない出来事なんか無意味と化すのに…などと考えていた。(なんて)

やっぱり自分は前向きな人に惹かれてしまう。

« The Human Stain | トップページ | non title »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Human Stain | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ