« non title | トップページ | non title »

2004/07/31

non title

今週、マックの様子がどうもおかしくて、原因はおしりのところが化膿していたことだった。あのやんちゃなマックがまったく元気がないので、両親が病院に連れて行ったところ、におい袋の中身がたまりすぎて炎症を起こしていたらしい。動物に詳しい友人からにおい袋のことは聞いたことあったけど、マックに対してあまり気にかけてあげてなかったので、反省している。でも、原因がわかってよかった。家族の一員が原因不明の病気とあっては、私も落ちついて仕事していられないのだ。におい袋は定期的にしぼってあげなければならないようだが、果たして私たちにそんなことができるのかな。心配だ。

大岡昇平の「萌野」を読んでいる。
1972年に作者がNYへ行ったときの日記。
この頃のNYは地下鉄は危険で汚く、ハーレムやブルックリンなども普通には歩けないところであったことなどうかがえる。でも、私が知っている今のNYにもあるものも多く登場して楽しい。
たとえば、アスタープレイスのモニュメントとか。
もちろんいくつかの有名な美術館も。
こんなくだりがある。
「いい気分だった。どうやら私が外国に出て、一番気分がよくなるのは、美術館へ来た時らしいのである。…略… 日本にいればめったに美術館に行かない人間が国を出ると必ず美術館に行き、幸福を見出すのはなぜだろう。」
私も同感である。
NYの美術品は富豪が購入して集めたものが寄贈されたり、美術館が購入したものであるのが気分いいとも言っている。ヨーロッパの美術館の展示物は多くが掠奪されたもので気分がよろしくないと。なるほど、そういう捉え方もあるんだなぁ。
このとき大岡昇平が宿泊したヒルトンに私も87年に泊ったのだと思うと、情景が重なる思いである。

« non title | トップページ | non title »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ