« 萌野 | トップページ | non title »

2004/08/07

non title

ここのところ映画を見ていないことに気づく。今日はこれで仕事も上がりなので、何か一本見ようと思う。「スパイダーマン2」か「モナリザスマイル」になるだろう。チケットを買って、それまでスタバで読書しながら待とう。

大岡昇平の「萌野」を読み終える。かなり古い本で1973年発行されたもの。初版を手に入れられて嬉しい。大岡は1988年になくなっている。「萌野」は著者が72年にニューヨークに滞在したときの日記であり、その滞在中に入った川端康成の自殺の報にも触れていたりして、ノーベル文学賞受賞者の自殺ということで、アメリカでの反応を伺い知ることができた。また、大岡という人は作家でありながら芸術の分野でも幅広い知識があり、近代美術館に行った記録なども楽しめた。

*******************
もうすぐ深夜12時。
サッカーアジア杯、久しぶりに応援してしまった。
日本はよく頑張ったと思う。またサッカー熱が戻ってきた感じ。

映画は「スパイダーマン2」を見た。
普通だったら絶対見ないジャンルだが、舞台がNYとあってはやっぱり無視できない。それに、いまはそのての映画が必要な心理状態なのかもしれない。まさか泣けるシーンがあるとは思わなかったけれど、スパイダーマンが体を張って電車を止めたシーンでは泣けてきてしまった。あと、スパイダーマンの叔母さん役の老女優はなんて綺麗なんだろうと思った。

« 萌野 | トップページ | non title »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 萌野 | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ