« non title | トップページ | non title »

2004/11/20

non title

ブルーノート東京のチケットを取った。初めてのブルーノートなので、いまから楽しみである。こういうことって、勢いが大切で、ひょんなことから話がどんどん進むものだ。

今週は疲労が蓄積しているような感じだ。
睡眠も浅く、仕事の夢ばかり見ている。

今夜は予定もないので、映画でも見に行こうと思う。その前にカイロプラクティクに行こうか悩んでいるが、多分行かないほうになるだろう。お金、もったいないから。でも、ここのところ、運転による肩こりで、これをなんとかスッキリさせたい。運動不足がたたっているようだ。

久しぶりに本を注文した。
最近、読書もろくにしていなくて、bookのページも止まったままになっている。

本といえば、最近のニューヨーカーの表紙にこんなユニークなのがあった。それは、地下鉄の場面。とある駅で停車している2本の電車の向こうの車両に乗っている男性が読んでいる本と、こちら側の車両に乗っている女性が読んでいる本が同じもので、お互いそのことに気づいている、というもの。写真ではなく絵。

昨夜、教育テレビの「世界美術館紀行」でクロイスターズを紹介していた。15世紀ヨーロッパで創作された一角獣伝説をモチーフにしたタペストリーのシリーズは、この美術館の代表的な作品で、私も現物を見たことがある。ロックフェラーJr.が愛したこの一連の作品を、違う時代に見てやはりいいものだと感じることに感動してしまう。タペストリーなので、糸で縫いこまれてその色使いで描かれているのだが、その精巧さにはただただ驚いてしまう。マンハッタン島にありながら、ハドソン川沿いの静かな場所にたたずむこの美術館は、気に入っている場所のひとつ。

下の写真はクロイスターズの外観。

« non title | トップページ | non title »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ