« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/29

non title

日付が変わってしまったが、現在29日深夜0時40分。今日は(正確にはもう昨日になってしまったが)誕生日であった。誕生日を迎えたからといって、なんら意識が変わることはないのだが、自分を取り囲む人々に感謝する気持ちは年を重ねるごとに増していく。メッセージやプレゼント、「おめでとう」のことば、それに極上のもてなし。ありがとうございます。

ここにとあるメッセージの一部を記しておきたい。
「これからも身体と車の運転には気をつけて、思うように生きてください」
誕生日の早朝に筆でしたためられた手紙の主を悲しませないようにしっかり生きたいと思う。いつも心配をしつつ、ずっと私に自由を与えてくれている両親にはこの場を借りて感謝したい。(といっても、二人ともこのサイトは知らないのだけれど)

友人のメッセージに、39年前に私を生んだ私の両親に感謝したいというものがあり、ちょっとだけ感傷的になっている。でも、誕生日くらいいじゃないか、恐らく年に一度、素直になれる日なのだから。

以上。

2005/06/27

non title

夜間勤務のため午後から出勤。
普段できないことを午前中に済ます。銀行、郵便局。半年に一度、ユニセフに募金することを続けている。世界には生まれた環境によって自分の努力ではどうにも解決できず死に至る子供が大勢いる。えらそうなことを言うつもりはまったくないのだが、これは事実であり、このことは同じ時代を生きる人すべてに責任があると思う。根本的な解決につながらないからと言って知らん振りできない。たとえ僅かな金額でも、多くの人の継続的な募金、これがいま私たちにできる最善のことなのではないかと思う。

日本ユニセフ
http://www.unicef.or.jp/

2005/06/26

non title

ひたすら眠る日曜日。
暑ければ暑いほど眠れる私である。

2005/06/23

non title

無事にチケットが取れた。実はプロ野球、初めての観戦である。最近はジャイアンツは弱いし、どちらかと言えば、大リーグのほうに目が向いてしまっているのだが、球場で見るのはきっと楽しいのだろうな。私もかつて、毎日かじりつくように野球中継を見ていた時期があった。それは確か中学生の頃だ。1番松本、2番河埜、3番篠塚、4番原、5番中畑 だったかな? その頃のジャイアンツ。藤田監督はよかったな。
初めての東京ドーム、楽しみ。

それで急に思い出した。
ドームができる前、まだ後楽園球場の頃、そこで開催されたアメリカ横断ウルトラクイズ高校生大会関東地区予選に出場したことを。同じクラスの友達と3人一組で。参加した日が修学旅行から帰ってきた翌日だったことも思い出深い。結果は哀れだったのも、今となっては良き思い出。でも、あの問題は運で決まる内容だった。と思う。

2005/06/22

non title

仕事から帰ると、注文してあった写真集(古本)「ニューヨーク空中散歩」が届いていた。発行は1988年。マンハッタンをくまなく上から撮影し、20世紀初頭の同じ場所の写真と比較するページもあったりと楽しめる。今夜はずっと眺めながら夜更かしするのだ。なんて、すぐに眠ってしまうくせに。ただいま23時半。深夜はサッカーもあるのに、明日の仕事のことを考えて、ちゃんと寝る予定。

巨人vs広島を観戦する話が持ち上がっているが、席が連続してとれない模様。離れて座るのでは・・・悲しい。どうすることやら。断念?

2005/06/21

non title

自分が気をつけていても防げないトラブルというものがある。今日はそんな中、アタフタとしてしまう。

お花をいただく。
こんな感じでどうでしょうか。
ほっとする。

2005/06/20

non title

今日は思いがけない二人の方々から電話をもらう。

二人とも本学を去った方たちだが、こうやってその後も連絡をもらえることをこの上ないと感じる。一人は先生、もう一人は仕事でかかわった他社の方。先生はたまにこのページを覗いてくれている模様。ありがとうございます。もう一人の方は何故に私を思い出してくれたのだろうか。転職されたとのこと、知らなかったけれど、当然とも思う。「仕事のことですか?」と質問すると「いいえ、出張で足利まで行くので・・・」と。商談をもちかけられても、私には権限がありませんぞ。本音トークいたしましょう。

今日は某高校での進学説明会で「ゆでだこ」となる。この時期の体育館での2時間は脅威さえ感じる。でもしゃべり続けなければならないのである。脳に血がのぼってしまった感じ。

2005/06/18

non title

今週末は気分がゆったりしている。
だいいち、午前中からCDをかけているくらいだもの。
来週の仕事のことを考えると、きりがないし、すっぱり忘れて週末を過ごそう。今日は書き物でもしようかなぁ、と考えている。

2005/06/12

non title

今週末は、お誘いを受け映画を見に行った。
根を詰めている状況が続いたので、すごくいい気分転換になる。
私の希望を通させてもらって、「最後の恋の始め方」にする。ニューヨークのいろいろなスポットが出てきて、それだけで満足できた。エリス島、メトロポリタン美術館、コロンビア大学、セントラルパーク内の動物園、フルトンフィッシュマーケット、ハドソン川のハーバー、フラットアイアンビル、それに金融街(?)の牛のオブジェなど。その風景を見入って、つい字幕から目が離れてしまう。エリス島にはまだ行ったことなく、今度必ず行ってみたいと思った。ストーリーのほうは、ハッピーエンドで、あえてここにあれこれと書くまでもない。ひっかかるものが何もなく、すんなりと消化された感じだ。ウィル・スミスのファッションがよい。それに、かっこよい。

いま、見ていたBSの地球街角アングル。今回はNYの自然史博物館を取り上げていた。私も一度行ったことがあるのだが、そのとき、ここは一生に一度は行くべき場所のひとつだと思えた。そして、今日の番組を見て、博物館の裏側、研究者の素顔を知り、さらに興味を覚える。コレクションは3000万点。あれだけの恐竜の化石を一度に見ることができるのは素晴らしいし、またその展示の方法が見事。最新の研究では、恐竜は氷河期に絶滅したのではなく、鳥に進化したのだという説も有力だという。紹介された博士は、ロックミュージックが大好きで、研究のひらめきというのは、意外とお酒を飲んでいるときや音楽を聴いているときなんかが多い、などと言っていたのも面白い。

2005/06/05

non title

今週末もお持ち帰りの仕事あり。3時間ほどかけて終えるも、職場に行かないと確認できない部分もあり、なんか中途半端だなぁ。

いま、見たい映画は「大いなる休暇」。
http://www.crest-inter.co.jp/oinarukyuka/index2.html
タイトルに異常に惹かれるなぁ。

2005/06/02

non title

ミスターNへ
取り外し完了。

2005/06/01

non title

今日から6月なんだ。

本日は前橋の日本語学校を2校訪ねたあと某高校における進学説明会。暑い日にもかかわらず風も通らない体育館で、1時間近くしゃべり続ける。しんどかったけど、真剣に聞いてくれたのでつい力が入る。途中、県立図書館に寄り、至急仕上げなければならない報告書の資料を探した。時間がなかったのだが、いくつかの文献をコピーすることができた。
いま、私の出張用の車はおもに黒塗りのセドリック!
一見、豪華なのだが走行距離は10万キロを超えていて、カーナビも使い物にならず。なのでダッシュボード上のナビは邪魔で仕方なく、取り外してしまいたいほどだ。黙って取り外してしまおうかな。怒られちゃう?

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ