« non title | トップページ | non title »

2005/06/12

non title

今週末は、お誘いを受け映画を見に行った。
根を詰めている状況が続いたので、すごくいい気分転換になる。
私の希望を通させてもらって、「最後の恋の始め方」にする。ニューヨークのいろいろなスポットが出てきて、それだけで満足できた。エリス島、メトロポリタン美術館、コロンビア大学、セントラルパーク内の動物園、フルトンフィッシュマーケット、ハドソン川のハーバー、フラットアイアンビル、それに金融街(?)の牛のオブジェなど。その風景を見入って、つい字幕から目が離れてしまう。エリス島にはまだ行ったことなく、今度必ず行ってみたいと思った。ストーリーのほうは、ハッピーエンドで、あえてここにあれこれと書くまでもない。ひっかかるものが何もなく、すんなりと消化された感じだ。ウィル・スミスのファッションがよい。それに、かっこよい。

いま、見ていたBSの地球街角アングル。今回はNYの自然史博物館を取り上げていた。私も一度行ったことがあるのだが、そのとき、ここは一生に一度は行くべき場所のひとつだと思えた。そして、今日の番組を見て、博物館の裏側、研究者の素顔を知り、さらに興味を覚える。コレクションは3000万点。あれだけの恐竜の化石を一度に見ることができるのは素晴らしいし、またその展示の方法が見事。最新の研究では、恐竜は氷河期に絶滅したのではなく、鳥に進化したのだという説も有力だという。紹介された博士は、ロックミュージックが大好きで、研究のひらめきというのは、意外とお酒を飲んでいるときや音楽を聴いているときなんかが多い、などと言っていたのも面白い。

« non title | トップページ | non title »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ