« non title | トップページ | non title »

2005/07/26

幸福な結末

辻 仁成 著
角川書店

映画「ロスト・イン・トランスレーション」が思い出される。外国人(西洋人)が見た東京の描写の部分で。馴染みのある東京の風景も、外国人の主人公の目を通すせいでか、異国のように思える不思議な感覚がある。エンディングがとても気に入った。

« non title | トップページ | non title »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ