« pot | トップページ | ballade »

2005/10/07

白線流し

仕事から帰って夕食をとりながら10時からの世界美術館紀行を見終えて新聞のテレビ欄を見たら、なんと、「白線流し」の最終章をやっていることを知る。残りほんの30分くらいしか見ることができず残念。でも、その30分だけでも見ることができて良かったと思える、そんな内容だった。

大人になるにつれ、知らず知らずのうちに、あるいは気づきながらも周囲に流され、傷つき、「あの頃のひたむきさ」から遠ざかっていく。10代の頃に夢見ていたことと現実のギャップに失望したり、開き直ったり。太陽にはなれない自分がそこにいる。

でも、広い宇宙の片隅にぼんやり見えている星にこそ尊さがあるのだ。

離れていても「同じものを見ていられること」を幸せと感じることができることだってある。

人は遠回りしても、必ず成長するのだということ、純粋な気持ちで結ばれた友情は朽ちることはないということ、たくさんのことを残したドラマである。

« pot | トップページ | ballade »

コメント

何やってんの!よかったのに・・・

れ○れ○!

不覚にも逃してしまったわけ。仕事から帰ったのがもう10時近かったから。
でも、ドラマの終わりのほうにも伝えたいことが凝縮されていて、泣けてきてしまった。
次回はぜひお名前をお願いします。本名でなくてもOKです。

海が縁で知り合った友人がいる。 お日様のように周囲を明るくする方だ。  同じ海に佇んだことはないが、私同様、ご自身の近くに海を感じられる人だ。 声をかけたこと、後悔していない。 しかし、その方が今、海を身近に感じているのか …

海には浄化作用がありますが、科学的な作用だけでなく、精神的な部分での浄化もしてくれるものと捉えています。

いまでは遠いところにあるけれど、私にも「海の時代」がありまして、今でもたまに夢に見ることがあります。

えっ、奇遇です! いつの日か、夢ではなく、実際の海に … 行きまっしょい!!

seaさんの車の助手席に乗り、海に向かいたいなぁ。。。

世代によって、記憶に残るドラマは違いますね。
私は見ていなかったので、興味本位だけでお聞きしますが、主演2人は結局どうなったのですか?
そこんとこだけよろしく。

結局、主人公2人はこれからつきあうのか、それとも理解しあえる友のままでいるのか・・・私たちの想像にゆだねられた形で終わりました。園子は渉(わたる)の帰る場所であり続けるということは確かだと思います。

ある方の好意で、録画したDVDを借り、最初から見ることができます!よかった。

前SPで、渉に恋人出現!?だったような記憶があるので、どうしたかと。
そうですか、くっつく可能性があるのですか・・・。

あららら・・・。誰だよ(^_^;

渉の恋人は死んでしまうのです。

そのこが言った「夢はかなってしまうと日常になる」
心が痛かったです・・・。
夢や想いって、かなうまでの努力している日々が良いのかも。

そのこさんのコメントについて、自分なりの考えを書こうと思います。まずは、見逃したところを全部見てみますので、少しお待ちください。ありがとう。

邪魔するヨ。 夢と呼べる夢を経験してない俺様には、小難しいことは分からん。 狩られず進化し続ける夢はないかよ。 想いはさらに始末が悪い。 刈られずココにあるぜよ。 

今夜、ドラマを最初から全部見ました。
園子が言った夢とは、そんな大それたものではなくて、思春期にぼんやり描く近い将来のことのような気がします。それでも、あのころは、それは輝かしい未来が待っているような気がして、不安定でも胸を躍らせていたように思います。可能性に満ち溢れていたというか。そして、いつしかその未来がやってきて、そこに日常がある。「こんなものだったのかな・・」と思う自分がいる。でも、あのころ、未来へ向けた忘れられない大切な、深い想いを抱いた者は、日常のなかにあってもいつも原点に立ち帰る力を持っていて、そこからまた未来を切り開いていくことができるのだと思います。ドラマの最後に流れた7人の日常のひとコマが、そのことを語っていたように思えました。
園子が言った言葉、とても多くのことを考えさせられました。そして、ここに書き留めるきっかけをつくってくれた「そのこさん」ありがとう。

hitoさん
夢の定義は難しいですね。

定義しない、難しく考えない、強い想があればいいぜよ。

思春期、将来、不安、可能性、日常、想い、原点、未来 … 過日に思い浮かべた言葉。 素直な表現が気持ち良い! 

わざわざ難しく考える必要はないけれど、特に私などは、いつも自分自身と格闘しているようなところがあって、白線流しのようなドラマを見ると、妙に共感してしまいます。

考えすぎて、毎日が自己嫌悪と反省、立ち直りの繰り返し。

夢の定義なんて言うこと自体がナンセンスかもね。

見ましたよ!
結局のところ・・・
なんて、感想を簡単にはまとめられません。

megumegu議員に1票☆

わたしも、人生の波にもまれ葛藤の連続。
平坦そうな毎日でも、結構でこぼこしていて。

そのとき感じたココロ、そのときの恩恵をうけつつ、自分サイズの夢を追いかけるじょ。

夢が叶ったら、またもがいて、見出して、追えばいい。

kapi様、お初にお目にかかります。 “波”に反応しました。 凸凹しているから人生は貴重で、面白い!! 自分サイズ … これを決めるのは自分? 他人? それとも … もがき・あがき、でかくなる!! 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« pot | トップページ | ballade »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ