« 心意気 | トップページ | pot »

2005/10/02

アカシア

辻 仁成 著   文藝春秋

短編集。作家は単に文章が書けるだけではなれない。アイデアが必要だ。そういう意味で辻仁成という人は意表をつくようなモチーフを作品に仕上げていると思う。特に余韻があるのは最後の「世界で一番遠くに見えるもの」だ。人の気持ちというものは「こうである」と断定できないものだ。さっきまで「別れたい」と思っていた相手をいまは「尊く」思えたり。一人の人間のなかに、相対する感情が同時に存在することをうまく表現している。

短編のなかで「歌どろぼう」だけは入り込めなかった。

« 心意気 | トップページ | pot »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心意気 | トップページ | pot »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ