« さいはての二人 | トップページ | Paris 4 »

2005/12/28

Paris 3

宿泊したホテルはパリ19区、中心地からはだいぶ外れにあり、基本的にはメトロで移動していたのだが、明日はどこに行こうかと、夜、ガイドブックを見ていたら、ホテルから比較的近い場所に、サンマルタン運河を下る遊覧船の発着場があることを知り、観光地でない庶民的な街並を見ながら移動できるのではないかと思い、翌日、朝9:45発の時間に合わせて向かった。その日はシテ島にあるコンシェルジュリー(マリー・アントワネットが処刑される前の最後の日々を送った場所で有名)や、ノートルダム大聖堂に行く予定で、ちょうど遊覧船の終着点はバスティーユ広場で、そこは比較的シテ島に近いこともあり、我ながら名案だと思ったわけである。ホテル最寄駅CRIMEE(クリメ)から一駅のRIQUET(リケ)で下車して、地図を見ならが運河の方向へ歩いた。観光客らしき人はいなくて、少し不安になるが、とにかく路地を早足で進み、運河に出た。パリの夏はカラッと湿度が低くて、歩いていてもあまり汗ばむことはない。この日は晴天だったので、水辺に着いたときは、気分は最高であった。運河にかかる橋を渡ろうとしたら、やはり旅人らしい人が運河の写真を撮っていた。軽く挨拶をしたら、返ってきた。canal_louroq2 橋からは遊覧船の乗り場が見えたので、すぐに向かった。切符を買おうと小屋に入ると、店番の女性がいて、残念だがシーズンオフとなり、朝は出てないと言われる。かなりショックだった。午後には出るというのだが、そのためにここで時間を潰せるほど滞在期間は長くなく、やむなく断念。そのあとは、またメトロでシテ島方面に向かった。でも、2時間半もかけて運河を下るなんて、なんと魅力的なことだろう。canal_louroq3運河は水門があったりして、水位を調整して遊覧船を通過させるのだろう。

canal_st_martin
サンマルタン運河は、帰国前にまた行ってみたくなり、帰る日にまた足を運ぶことになる。canal_st_martin6

« さいはての二人 | トップページ | Paris 4 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さいはての二人 | トップページ | Paris 4 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ