« Tiger | トップページ | 僕のニューヨークライフ(anything else) »

2006/01/24

フィンランドについて

いま、読んでいる「それがぼくには楽しかったから」は、Linux(コンピュータのOS)を開発したリーナス・トーバルズの話。Linuxについては、まったく知識がなく、その部分について読んでもチンプンカンプンなのだが、フィンランドのこと、ヘルシンキのこと、フィンランドの人々の気質や生活のことなどの記述もあるので、結構楽しめる。実は、フィンランドについて書かれた本って意外に見つからないものだから。世界最高の学力を保持しているこの国では、大学の授業料は無料なのだとか。それから、各アパートメントには共用のサウナがあって、各家庭の利用日時が決められているのだとか。長い陰鬱な冬のことなども書かれている。そして、リーナス・トーバルズとビル・ゲイツの比較も面白い。ただ、翻訳があまりうまくないのが残念。

« Tiger | トップページ | 僕のニューヨークライフ(anything else) »

コメント

フィンランドは、ガムの国?

あ、ムーミンか・・・

そう、キシリトールね。
そして、おっしゃるとおり、ムーミンの国として、有名です。それからトナカイ。
フィンランド人って、シャイで物静かなんだって。

スオミ。

シベリウス作曲 交響詩「フィンランディア」
の国。シャイな年寄りが泣きます。

よくご存知で。
別名スオミなんですよね。

ヘルシンキ市内にはシベリウス公園という公園があって、モニュメントがあります。水辺も近くて、リスもいます。

あと、フィンランドというとモバイルだよね。
携帯所有率が高いようです。
そして、確か、Nokiaはフィンランドのブランド。

さすが・・・megumiさまじゃ・・・
しびれるじょ・・・

ノキアってアメリカじゃないんだ~知らなんだ。

リナックスって使い始めると使い勝手いいみたいだけど、どうも慣れるまで大変らしい。
私も使って見たけどマックの方が使いやすかった。そのマックもドライブを出す時にドライブアイコンをゴミ箱に持っていくのは驚いたけどね!

実は私がフィンランドを含む北欧について一番気に入っているのは、家具や生活用品のデザインです。シンプルで使いやすい。それに質素。そして、街並みも。とてもモダンな雰囲気です。

コンピュータのことはさっぱりわからないのですが、リナックスの考え方も、フィンランド人の発想として理解できる感じです。

フィンランドは学力水準が世界一というところ、見逃せませんよね。以前、教育の展開をテレビで紹介していて、ちょっと羨ましく感じました。でも、教育改革がすぐに実行できて、それがすぐに浸透するのも、人口が大きくないからできる業かも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Tiger | トップページ | 僕のニューヨークライフ(anything else) »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ