« Happy New Year | トップページ | フィンランドについて »

2006/01/07

Tiger

最近、自分のなかで意外なこと。それは、男はつらいよシリーズを見ている自分である。以前はぜったいに見なかった映画だけに。

ちょうどBSで寅さんシリーズ(48作?)を全作見せてくれているのだが、今日は24作目であった。でも、これでしばし中断というから残念でならない。次に再開するのは夏だとか。待ってる。

寅さんのよさは一言では語れない。気がつくと、あのお団子屋の茶の間で皆が笑っているシーンなどで自分の顔も笑っているし、寅さんが寂しい思いをしている子供を見かけて「これで飴でも買いな」とか言いながらお小遣いをさりげなく渡すシーンなどでは、ほろっとさせられている。見終わったあとは切なくて、でも寅さんには帰る場所があるから安心で。

理屈では片付けられないことを、すごくうまく描いている映画だと思う。

寅さんに感動するっていうことは、もしかして、弱ってるのだろうか。それとも年をとったのか。なんて。

« Happy New Year | トップページ | フィンランドについて »

コメント

邦画を見ないmegumiさんの口から「寅さん」とは、ホント意外も意外ですね。

先月、柴又駅から帝釈天まで歩いて、いつ寅さんがふらりと帰っても温かく迎えてくれる、町の雰囲気を味わってきました。
駅では寅さんが、出迎えてくれましたよ。
あ、寅さんのそっくりさん(?)も歩いていました(笑)

「寅さん」は、ポンポンポンポンと憎まれ口が飛び交っているのに、その中に悪意がない。
居心地がいい、見ていて気持ちがいい理由のひとつでしょうね。

山田洋次監督で一番好きなのは、「遥かなる山の呼び声」です。ご存知ですか?

michiyoさん

自分でもほんと、意外なんです。でも、恐らくですが、劇場だったら見にいかないかも。テレビだからかな。

「遥かなる山の呼び声」見たことあります。学生の頃、友人がいい映画だと教えてくれて。これは感動ものですね。ラストの列車のシーンは忘れられません。オイオイと泣けてしまった覚えがあります。賠償千恵子と高倉健が絶妙な演技してますね。「幸福の黄色いハンカチ」と並んで好きです。

以前は、祝日にはNHKで朝、名作映画が放送されていましたね。
あの時間で小津監督とか山田監督作品を見ました。

「遥かなる」をご存知で嬉しいです!(^^)!
やはり列車のシーンに感動します。
この頃から、吉岡秀隆ファンだったりして・・・。

michiyoさん

今年は、私も日本の名作にも挑戦してみようかな。
お薦めの映画がありましたら、テレビで放映するときなど、都度教えていただけると嬉しいです。

私にとっての吉岡秀隆は、「北の国から」の純役からだったのですが、そういえばあんなに小さい頃から脇役で活躍していたのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Happy New Year | トップページ | フィンランドについて »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ