« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/23

library

今日の新聞に「小さい白いにわとり」のことが掲載されていて、遠い記憶が甦った。小学校1年のときの国語の教科書で何度も読んだフレーズ。考えさせられる結末で、リズム感もあって、いま読んでもすーっと心に入ってくる。今日初めてウクライナ民話と知った。

「小さい白いにわとり」

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。 「この むぎ、だれが まきますか。」
 ぶたは、 「いやだ。」と いいました。
 ねこも、 「いやだ。」と いいました。
 犬も、 「いやだ。」と いいました。
 小さい 白い にわとりは、ひとりで むぎを まきました。

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。 「この むぎ、だれが かりますか。」
 ぶたは、 「いやだ。」と いいました。
 ねこも、 「いやだ。」と いいました。
 犬も、 「いやだ。」と いいました。
 小さい 白い にわとりは、ひとりで むぎを かりました。

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。 「だれが、こなに ひきますか。」
 ぶたは、 「いやだ。」と いいました。
 ねこも、 「いやだ。」と いいました。
 犬も、 「いやだ。」と いいました。
 小さい 白い にわとりは、ひとりで こなに ひきました。

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。 「だれが、パンに やきますか。」
 ぶたは、 「いやだ。」と いいました。
 ねこも、 「いやだ。」と いいました。
 犬も、 「いやだ。」と いいました。
 小さい 白い にわとりは、ひとりで パンに やきました。

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。 「この パン、だれが たべますか。」
 ぶたは、 「たべる。」と いいました。
 ねこも、 「たべる。」と いいました。
 犬も、 「たべる。」と いいました。

光村図書 しょうがくしんこくご 一年上より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しばらく市立図書館から遠ざかっていたが、やっかいな研修に参加中で、そのための資料を探しに久しぶりに行った。車を止めたあと、図書館脇を流れる広瀬川を見に行ったら、長雨の影響で水かさがかなり増していて、恐い感じがした。図書館は結構混んでいた。子供のころ、中高生のころ、自転車でよくこの図書館を訪れたが、当時はいつも空いていた。夏休みなどは勉強のための自習室こそ席を取るのに一苦労したが、あまり大人は来ていなかった。しかし、近年は成人の利用者が増したように思う。だから車を止めるのも一苦労だ。インターネットがこれだけ普及しても、本を読むこと、図書館や本屋で本を手にとり活字を読むことは、とても魅力的な行為である。本のある空間は素敵だ。

関連して思い出したのだが、先日テレビを見ていたら、101歳のおじいさんが、自分で育てている野菜に虫がつかないようにするにはどうしたら良いかを、自ら図書館に足を運んで調べている場面があり、素晴らしいことだと感じた。疑問に思ったこと、知りたいことを図書館に行って調べる、いくつになってもそういう前向きな人でありたいと、そのおじいさんに教わった気がした。

200607231559000 広瀬川

200607231559001 伊勢崎市立図書館

2006/07/20

oyster

進学説明会で東京に出張した帰り、先日発見したオイスターバーで、またまた生牡蠣を堪能した。生牡蠣すべて半額のクーポンをちゃんと持っていったのだ。牡蠣で満腹になる幸福は生まれて初めてかもしれない。しかし、生牡蠣だけでお腹を満たすものではないような気もした。いまの季節、南半球が冬のせいか、北海道産や宮城産のものより、ニュージーランド産やオーストラリア産の小ぶりのもののほうが美味しいように思えた。前回一番気に入ったシアトル産(だったかな?)がなかったのが残念であった。

生牡蠣に初めて目覚めたのは、20年前のニューヨークでのことだった。シーフードレストランで「お薦めを」とお願いして出てきた細かい氷のうえに殻のまま散りばめられた牡蠣の美味しかったこと。牡蠣にレモンをかけて食べたり、ケチャップで食べるのも初めてで、またそれが不思議とマッチしていた。そこは、マンハッタンの牡蠣で有名なグランドセントラル駅構内にあるレストランではなかったけれど、私にとってはNYの味として、以来、忘れることができないでいる。

GUMBO & OYSTER BAR http://www.oysterbar.co.jp/gumbo/index.html

2006/07/13

non title

大学のことを考えた。「純粋さ」これが私が考える大学を支えているものである。目の前の業務に対しても、学生に対しても、教育の現場でも、“個人的な”利害を考えず、優先すべきこと、最善を尽くすこと、それがわかっていれば、最悪の条件下でも、最悪な結果は免れることができると思う。

理不尽なことが多い。そんな渦に巻き込まれても、次の人のこと、周りの人のことを考えることができる人もいる。そういう人に支えられている(支えられてきた)大学である。

2006/07/08

M:i:Ⅲ

公開日初日に見る。さぞ混んでいるだろうと念のため前日にチケットを買っておいたのに、入場者は5割程度。このシリーズ、なんといってもあの音楽が好きで、スピード感のある展開とどんでん返しも面白い。思うにこの作品はあまり深いことを考えてはいけない。ただ目の前に展開される場面をひたすら楽しむべし。

トム・クルーズは何歳になっても変わらないなぁ。

2006/07/06

パリから見たニューヨーク 1987~1989

谷口正子 著

舷燈社

フランス文学者である著者が、夫の赴任の関係でニューヨークに滞在したときの日記。発行年は2001年だが、滞在時期は80年代。私が「黄金の時代」と思っているNYの滞在記。時折、フランス文学のことなど、私の知らない世界についての記述があるが、気にしないで読み進められる。ちょっとだけ、当時のNYの空気の匂いを伝えている。私の知らない、しかし興味のあるアカデミックな世界も垣間見ることができる。これを読むと、やはりNYは素晴らしいと感じる。街中に文化や学問が溢れている。大学も開かれている。

2006/07/04

AURORA Shoes

Middle_inglish 久しぶりに一目ぼれしたもの。

オーロラシューズ。

アメリカ製で、ハンドメイド。 West_indian

2006/07/02

in Tokyo

表参道ヒルズ(7/1)

初めて。想像していたよりこじんまりしているところがとても気に入る。一番上までいって、おしゃべりしながら気にとまるお店を覗きながら降りて回った。何かを買いに行くというよりも、偶然気に入ったものがあれば買うくらいの感じかな。正面入り口入って右のチョコレートのお店で、マカロンを買って外を歩きながら食べた。オレンジピールの入ったのが美味。ばら風味のも意外にあっさりしていておいしかった。

Oyster Bar(7/2)

池袋への出張の帰りにオイスターバーにて牡蠣を堪能する。オイスタープレートといって8種類の牡蠣を味わえるものを注文。(正確には2人で食べたので4種類)牡蠣ってみんな同じ味かと思ったら、産地によってサイズも味もさまざまなことに驚く。味はあっさりしたものから濃厚なものまで。牡蠣に目覚めた夜。実はオイスターバーに行く前に四川料理も食べたのだが、断然私はオイスター派である。

2006/07/01

The Da Vinci Code

酷評されていたので、あまり期待せずに行ったせいか、こんなものかと思う。映画の日で1000円だったせいもある。せめて、パリの景色を堪能したかったが、ルーブルくらいで物足りず。小説ではソフィーがもっと活躍するし、ジャン・レノ役の警部も映画ではまるで存在感がなく残念である。トム・ハンクス扮するラングドン教授は、人間味を感じられ、この映画をかろうじて救ってくれているように思えた。最後、マグダラのマリアが眠るであろう場所、ルーブルの逆さピラミッドの下のこともきっと彼の想像のなかにとどめるだろうし、キリストの血脈を受け継いでいるソフィーの存在も秘めるだろう。

人は何を信じるかが重要で、真実はさほど重要ではないように思えてくる。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ