« non title | トップページ | library »

2006/07/20

oyster

進学説明会で東京に出張した帰り、先日発見したオイスターバーで、またまた生牡蠣を堪能した。生牡蠣すべて半額のクーポンをちゃんと持っていったのだ。牡蠣で満腹になる幸福は生まれて初めてかもしれない。しかし、生牡蠣だけでお腹を満たすものではないような気もした。いまの季節、南半球が冬のせいか、北海道産や宮城産のものより、ニュージーランド産やオーストラリア産の小ぶりのもののほうが美味しいように思えた。前回一番気に入ったシアトル産(だったかな?)がなかったのが残念であった。

生牡蠣に初めて目覚めたのは、20年前のニューヨークでのことだった。シーフードレストランで「お薦めを」とお願いして出てきた細かい氷のうえに殻のまま散りばめられた牡蠣の美味しかったこと。牡蠣にレモンをかけて食べたり、ケチャップで食べるのも初めてで、またそれが不思議とマッチしていた。そこは、マンハッタンの牡蠣で有名なグランドセントラル駅構内にあるレストランではなかったけれど、私にとってはNYの味として、以来、忘れることができないでいる。

GUMBO & OYSTER BAR http://www.oysterbar.co.jp/gumbo/index.html

« non title | トップページ | library »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ