« sunset | トップページ | non title »

2006/08/13

non title

高崎に住む友人が、2月に永眠した祖母のためにと、香りのよいお線香を届けてくれた。彼女はうちに寄るたびに、寝たきりの祖母に顔を見せてくれて、いつも優しい言葉をかけてくれた。亡くなってからもこうして祖母のことを思ってくれてとても有難く感じると同時に、友人の温かい行動によって亡くなった祖母がどれだけ浮かばれるかを改めて思うのである。祖母がこのうちにいなくなって半年が経とうとしている。我が家ではみんなから優しくされていたから、きっと幸せだっと思う。介護は大変だったけれど、母を中心にできることは家族で協力してみんなんで祖母に関わった。亡くなったときは、ぼっかり穴があいたような寂しさがあったけれど、今はみんなで笑顔で祖母の思い出話をしていたりする。

午前中は、カフェに行って2時間くらい研修のレポートのための資料を読む。思うように構想がまとまらず、心配である。ちょっと資料を読んだだけで、すごく進んだような気になってしまうところがいけない。これの繰り返しである。

そのあと図書館に行って本を返却。図書館近くにとても趣のある鐘楼があり、市の指定重要文化財になっている。200608131515000

なかなか素敵な外観。

夜は久しぶりに家族で外食。家庭菜園で夏野菜が採れるこの時期は、なんといっても母がその野菜で作る料理が一番で、とても外食する気にはなれないのだが、今日はお盆ということで。ちょっと高かったけど、特上大トロ丼セットというのを食した。文句なしであった。

« sunset | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ