« non title | トップページ | グッバイ・レーニン »

2006/08/19

かもめ食堂

映画「かもめ食堂」を見に行く。シネマテークたかさきという高崎の街なかの小さな映画館で上映されるのを待ち、やっと実現できた。邦画はあまり劇場には見にいかない私だが、この映画は邦画といってもオールフィンランド(ヘルシンキ)ロケということで、とても楽しみにしていた。しかも、役者が小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、と、これを聞いただけで充分楽しめそうじゃない? 原作の小説の雰囲気をそのままに、フィンランドのあらゆるもののシンプルさと、フィンランドの人見知りだけど一度気心が知れたら本物の間柄になれそうな国民性が内容を盛り立てて、独特で粋な映画であった。そして主人公さちえ(小林聡美)の燐とした姿が見るものを元気にさせてくれる。見終わったあと、ふと思うと、劇中BGMが一切流れていなかったような気がした。さちえが、時の流れのなかに身を置いて、日々誠実に食堂を切り盛りしていく様子が、BGMがないことによって、際立つのとは反対の、はめ込まれるというか、土地に馴染んだ感じがうまく出ていたと思う。地味だけれど、そこにある(居る)のが当然といったような。。。

かもめ食堂オフィシャルサイト http://www.nikkatsu.com/movie/official/kamome-movie/

« non title | トップページ | グッバイ・レーニン »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ