« orchestra | トップページ | NBA »

2006/11/08

non title

昨夜眠るときに読んだ村上春樹のエッセイ(村上ラヂオ)は、いろいろと面白いことが書いてある。たとえば、ドーナッツの話。揚げたてのドーナッツは人を励ますような善意に満ちている、とか。確かに。ドーナッツに限らず、スタバのパンプキン・スパイスラテとかジンジャー・ブレッドラテなんかもその類なんじゃないかと思う。今日はがんばったなー、などと思える日とか、今日は辛かったなーという日にも、私はそのラテをゆったりと飲んで帰ったりする。特にこれからの季節、寒くなってくるとラテは体も心も温めてくれるのだ。そして、明日もがんばろう、と思えるのだ。

それから、飛行機の過剰サービスのことも面白く書かれている。共感できる。私は機内でみな一斉に食事をとらされたり、飲み物やスナックを配られたりするのに苛立ちまではいかないまでも、戸惑いを覚える。寝ていたいのに、座席を垂直に起こすように言われ、目の前に出される食事。左右、前後、みな同じように食べ始め、食べ終え、片付けに回ってくるのをひたすら待つ。その間、日本茶、コーヒー、紅茶はいかがですか?と、またまた・・・それらのサービスが嬉しいときもあるのだけれど、できれば、リクエストしたときに出してもらえたら、などと思う。まあ、エコノミークラスに乗ってるようではそんなわがままを言える身分ではないということか。

昨日から冷え込んできた。夜空を見上げるともう冬の星々が瞬いている。

« orchestra | トップページ | NBA »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ