« non title | トップページ | premium live »

2006/12/24

Xmas crescent

Ny2006jan_0051 ニューヨーク市立図書館。午後8時。

クリスマスの夜の図書館はさすがに入館者も少ない。あと1時間で閉館となるまで僕は所定の位置に座っていつもどおり貸し出し業務に就かなければならないのだが、普段は調べ物をする人や地下の倉庫からの本を待つ人々で溢れかえっているリーディングルームも、今夜ばかりは閑散としている。体育館2面ほどもあろうかと思える巨大な空間。ふとその空間を見渡すと、女性が一人黙々と読書しているのが目に入る。週に必ず3回は見かける痩せていて、でも理知的な彼女。思えば僕はこの部屋を見回すとき、自然に彼女の姿を探していることにいま気づいた。30代前半だろうか。話をしたことはないが、貸し出し窓口で数回、本を手渡したことはあったと思う。

本を読む人の姿は美しいと思う。性別や年齢にかかわらず、みな美しいと思う。誰もが本の中の世界にどっぷりと入り込んで、そこに居るのにそこに居ない、その状態が特別な現象のように思えてならないのだ。

8時55分、ふと我に返ったその人は静かに本を閉じて黒のロングコートを羽織り席を離れる。

“Merry Christmas”

彼女がカウンターの前を通り過ぎるとき僕は自然にそう言っていた。

“Merry Christmas”

彼女も微笑みながら返してくれる。

僕にとっては、いつもと変わらないマンハッタンの夜。これからアパート向かいのレストランで熱いスープでも飲んでから早めに寝るとしよう。クリスマス・イルミネーションを楽しむ陽気な人々や観光客で溢れかえっている5番街を歩くのを避け、コートの襟を立てながら足早に図書館裏のブライアントパークを抜けるとき、ちょうどそこにポッカリ空いた四角い夜空に小さな三日月を見た。高層ビルが林立するミッドタウンで月を見るのは珍しいことだ。あの人もつい数分前にこの月に気づいたのではないだろうか。そんなことを考えながら僕は地下鉄の駅へと向かった。

« non title | トップページ | premium live »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ