« BOBBY | トップページ | non title »

2007/02/27

Star Ferry

以前開いていたホームページに掲載していたエッセイでお気に入りのものを、若干修正してみました。

香港島と中国本土に続く九龍半島を結んでいるスターフェリー。航路はいくつかあるが、一番親しまれているのが尖沙咀と中環をわずか10分ほどで運行しているものだ。公式サイトによると1888年12月の地元紙にフェリーサービスの記事が見られるということである。
香港のなかで何が一番?と聞かれたら、迷わず「スターフェリー」と答える私である。この愛嬌のある名前のフェリーは、観光名物であると同時に、地元の人々の生活の足にもなっている。今は、海底を走る数本(2本?)のトンネルと、地下鉄を利用することもできるが、時間に余裕があるときはフェリーで渡ることをお奨めする。出航間隔は多分、10分おきくらいだろうか、あまり待たされるという感じはしない。そして何といってもその料金の安さには驚かされる。HK$2.2(約40円)。香港の物価は日本とあまり変わらない印象なので、それを考えるとその安さがわかる。
ところで、公式サイトのフェリーの写真を見ると、実際に乗ったときは気にとめなかったのだが、その船は2層(2階建て)になっている。でも、記憶では乗り込み口は一ヶ所しかなく、中で階段を利用できるようになっていなかったような気がする。どうも乗り込み口は自動的に2階の部分に連結されている様子。
窓があるのだが、開け放たれていて、潮風が感じられる。座席は硬い木でできた長いベンチで、背もたれを動かすことで、前後を変えられるように工夫されている。
いまこれを書いていてふと思ったのだが、なぜ香港島と九龍を繋ぐ橋が存在しないのだろう。その距離は橋を架けるには容易いものであるにもかかわらず。地図を広げてみたけど、やはり橋は存在しない。でも、ビクトリア・ハーバーには近代的な橋は似合わないとも思う。九龍側と香港島側が呼応しているあの独特の雰囲気が橋をもって壊れてしまう恐れがある。橋がないおかげでスターフェリーの存在感も保たれていると思えるし、ずっとそうであってほしい。
街は人で溢れかえり、つい早足になってしまう香港という都市で、唯一フェリーに乗っている時間だけは、時間がゆっくり流れ、人々をかつての優雅な時代の香港へと引き戻してくれるのではないか。と、そんな時代を見てきたわけでもないのに勝手に想像してしまう。フェリーの乗客はみんな幾分楽しそうに見えるし、窓の外を眺めている。地下鉄で見られるような光景(本を読んだり、新聞を読んだり、携帯でおしゃべり)はあまりない。
Star 香港に行ったら、スターフェリーに是非!
そこには古き良き英国統治時代のロマンティックな香港があります。

願いがいくつか叶うなら、中国返還前の香港に行ってみたい。もちろん空港はカイタック空港。高層ビルの夜景を眺めながらのランディング。

« BOBBY | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ