« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/21

non title

200703211412000ダヴィンチの「受胎告知」を東京国立博物館に見に行く。
絵画の技法についての専門知識はないので、そういう意味の感動はあまりないのだが、500年以上も前に描かれたものが、こんなに綺麗に私たちの目の前に在ることに心を動かされる。こんなふうにその時代の画家の表現した作品が、何世紀もの年月を経て人々に賞賛されるということに感動してしまう。

ところで、一緒に行ったメンバーのうちの一人に「好きな絵は何か」と聞いてみたところ、ゴッホの「夜のカフェテラス」との答えが返ってきた。絵を観る人にこういう質問をすることで、返ってくる答えに私はものすごく関心があることに気づいた。それが誰のどんな絵であっても、即座に答えられる好きな「絵」がその人にあることに感動してしまうのだと思う。

私だったら何だろう? オキーフの“Summer days”と答えるだろうな。この作品はホイットニー美術館所蔵で、(以前も書いたかと思うが)カルバンクライン寄贈である。この美術館に行くとき、その絵の前から立ち去りがたく、背を向けては何度も振り返ってしまう。江國香織があるエッセイでオキーフの作品のことをこんなふうに語っている。「オキーフの絵には、にごりがない。・・・中略・・・そして無論、説明を拒否している。絵に限らずどんな場合も、説明を拒否する唯一の方法は、完成されているということだ。だめだ、と、思う。私が好きになる性質が正確に揃いすぎている。・・・」まったく同感だ。

2007/03/18

Liebesfluchten

「逃げてゆく愛」

ベルンハルト・シリンク 著   松永美穂 訳

新潮文庫

「朗読者」の著者(ドイツ人、フンボルト大学法学部教授)による短編集。

亡くなった妻のもとに、見知らぬ男性から1通の手紙が届き、動揺しながらも、その男に近づき、真相を探ろうとする夫の心の中を描いた作品や、現代のユダヤ人女性とドイツ人男性の、それぞれの民族の重い過去を背負った恋を描いた作品など、どれもこれまでにあまり味わったことのない感覚を覚える。

2007/03/16

non title

SCのSさんの送別会。転職をされ、スーツを脱ぎ、職人になられるという。(これまでも充分、職人だったと思いますが。)システムに疎いわたしにとって、Sさんは神のような存在で、何度危機を救ってもらったことか。その度に、必ず解決してくれた。善良な人だ。難しいことも易しい言葉で説明のできる頭の良い人。幹事のIさんはお酒も入っていたせいでか、終始涙、涙であった。そんなIさんを見て、Sさん本人は盛んに「悲壮感はないですね」と言っていた。「ネットが発達しているし、これで会えなくなるわけじゃないですから」。でも、Iさんは「毎日そこにいた人が、そこにいなくなるなんて・・・」と泣いていた。こういうとき、見送る人のほうが、旅立つ人より悲しいのである。そんな彼らの席に呼んでいただき、暖かい空気に(ちょっとタバコの煙が充満した空気だったけど)包まれ、いい時間が流れた。Sさんの未来が素晴らしいものになりますように。

2007/03/14

non title

ホワイトデーでいただきものをする。義理チョコを、でもいつも仕事でかかわっている人たちにに感謝の気持ちを伝えたくて渡しているのだが、義理堅くきちんとお返しをくださった方々にはかえって恐縮してしまう。でも、世知辛い世の中で、こういうやり取りがあるのは、素敵なことだと思っている私である。

さて、いただきものの中で、こんなものがあってびっくり。以前、自分で買おうとしたのだが、躊躇して止めたもので、とても感激してしまう。自分で組み合わせて、ちょっとした飾り物になる。いろんな並べ方ができるので、とても楽しめる。そして、これを並べてみている時間、リラックスできる感じがした。チェスの駒を動かすとか、置いてある石をちょっと動かすとか、そうやって空間に変化をつけるときって、気持ちが落ち着くように思う。これも、そんな感覚を味わえるもの。

200703142146000 奥にはちゃんと自由の女神も見えるでしょ?左手前の丸い形をしたのはグッゲンハイム美術館。中は円形のスロープになっていて、作品を鑑賞しながら緩やかな螺旋を回るように設計されている。

2007/03/12

non title

館林市からの帰り道、ひたすら国道354を車で帰る途中、大泉にあるパン屋「日進堂」がまだ開いていたので、思わずブレーキを踏み、停車。このパン屋は、昔にタイムスリップしたような感覚になれる店である。でも、この店の価値はそれだけにとどまらない。パンの味がとてもパンらしいのである。日本(にっぽん)のパンの美味しい味がする。保存料など使ってないのだと思う。だから夕方買うと少し硬くなってきている。

日進堂を教えてくれたのは、大泉生まれ、大泉育ちの古い友人である。その人からは日進堂以外にも「いいこと」をたくさん教わったような気がしている。その人が当初、私に楽しそうに語った日進堂の話はこうである。「あの店はね、それこそ俺が子供だったころからぜんぜん変わらないんだよ。店番のおばさんも、その母親であるおばあさんも。その人たちの髪型も、何もかも。パンの値段を計算するのに使うのが電卓じゃなくて、今どき“そろばん”ということも。そして、こんなに旨いパンは他にない。」

確かに。いつ行っても、そのおばさん(かつては、若かったはずである)はいつものように現れ、こちらがパンを選ぶ間、かなり無表情でひたすら待っていてくれる。(本当に無表情で、まるで昭和の時代から来たロボットのように思えてしまう。)そしてパンの名前を言うと、ショーケースの向こう側からパンを取り出してくれるのだ。そして、そろばんで計算して、あの懐かしい紙の袋にパンを詰めてくれる。今日、私は夢中になって、13個ものパンを買ってしまった。今どきこんな店は他にない。これぞ“奇跡”だ。きっと、ファンは多いと思う。注意していないと見逃してしまいそうな古い小さな店である。

2007/03/05

mokuren

週末の暖かさで構内のモクレンの花が開き始めた。

200703051623000

200703051623001 花の中はこんなやさしい色合いになっている

2007/03/04

speech contest

太田市の外国人スピーチコンテストが開催され、我が大学から2人の留学生が出場した。ぎりぎり、一番目の本学のKさんのスピーチに間に合い、12名全員のスピーチを楽しんだ。小学生から企業での研修生までの方々の日本での体験を聞いて、とても勉強になる。そして、壇上で緊張しながらも堂々とスピーチする彼らは立派だと思うのだ。私にはあれほどの感動を与えるスピーチなどできないもの。たどたどしい日本語でも、ちゃんと伝わってきた。

さて、本学のR君がなんと、最優秀賞を獲得!我がことのように嬉しい。そして、Kさんは群馬テレビ賞を受賞。おめでとう。

moonstruck

「月の輝く夜に」 1987年 アメリカ映画

ストーリー http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD5970/story.html

何度見ても好きだなと思える映画。その理由の一つは80年代のNYが舞台であること。今回じっくりと風景を見ていたら、シェールが歩く街のバックにうっすらとワールドトレードセンター、おじいちゃんが夜中、犬の散歩をするブルックリンブリッジのたもとからのマンハッタンの夜景と満月、シェールとニコラス・ケイジがデートするメトロポリタン歌劇場(噴水のところはとてもロマンティック)など、ため息ものである。登場人物みんなが魅力的な役どころで、またイタリア系移民の家族の絆なども見え隠れしていて、余韻の残る映画だと思う。音楽もいい。

2007/03/03

non title

仕事が半日で天気もよかったので、久しぶりに県立館林美術館に行った。県立美術館所蔵の作品展で、ルノアールやシャガール、マティスやムンクまで、点数は少ないけれど見ることができた。来館者も東京の展覧会のように人だかりするほどではなく、閑散としていてゆったり鑑賞できる。いつ行っても、美術館の建物自体にうっとりしてしまう。

200703031642000_1 館林美術館全景

2007/03/02

non title

うちの比較的近所にアンティークショップができて、先日早めに帰れる日があったので寄ったのだが、残念ながら閉まっていた。いつもショーウィンドウに飾ってある卓上ライトが素敵だなと思っていて、値段も気になっている。

200703022009000  これがそのライト(値札が裏返っていてどうしても見えない)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ