« Helsinki 2 | トップページ | Proof of my life »

2007/05/30

Helsinki 3

テンペリアウキオ教会は、ヘルシンキの観光名所となっている場所だ。岩盤をくり抜いて造られていて、それがとても珍しいためだ。中央駅から徒歩20分くらいの住宅地に忽然と存在している。観光客がバスや徒歩で代わるがわるやってくる。Ukio2

Ukio4 Ukio3

天井は銅? 丸いかたち

壁が岩のせいか、空気がヒンヤリしている。この教会は設計コンペである兄弟の案が採用され、1969年に完成したそうだ。

その教会でのクラシックコンサートに行ってみた。チケットは現地に行ってから、ストックマン(デパート)の上階のチケット売場にて購入した。金額は25.5ユーロ。チケット売場では、最初、要領が分からなくて、しばらく椅子に座ってどんなふうに購入するのかを観察し、みんながまず、呼び出し番号を機械から取って待つことが分かり、同じようにやってみる。

コンサート当日、それはもう明日帰国、という晩のこと。教会は宿泊していたホテルから徒歩で行ける距離だったので、開演の19時ちょっと前に出かけた。教会に近づくと、少し人の波ができて、みんなコンサートに向かうのだと思うとだんだん気分も盛り上がってくる。

Ukio6

住宅地を歩いていくと、奥に岩の教会が見えてくる

ぎりぎりまで開場されず、人々は各々、おしゃべりに興じていた。2階席までほぼ満席。補助椅子まで用意されていた。

コンサートの前に、これはプログラムを見て初めて知ったのだが、Medeaというミュージカル(?)が最初の演目で、女優が一人で何かを演じ、合間合間に生の音楽が演奏される、というもの。これがフィンランド語で、さっぱり意味が分からなかった。ただ、その女優が嘆いているような感じだったので、とても悲しい話なのだろうと、それだけは理解できた。

Ukio1 夜の7時というのに、外はまだまだ明るい

次にいよいよ、クラシック。The Sixth Floor Orchestraによるベートーベン、シンフォニー第5番。フェスティバルとしての企画なので、一般市民に親しみのあるものになっているのだろう。このオーケストラの名前の由来は、パンフによると、シベリウス・アカデミーの建物の6階が発祥の地だからだとか。指揮は、フィンランド人のThomas Ollila氏。同じくシベリウス・アカデミーで学び、最初はヴァイオリニストとしてキャリアをスタートさせた1965年生まれのソフトな顔立ちの人であった。

コンサートホールと違って、会場が小さいから、オーケストラがとても近くて、しかも、コンサートが始まるころは日が沈み、天井の明かり取りからは夜色が映って、とてもよい雰囲気を感じることになる。

Ukio5 The Sixth Floor Orchestra

明かり取りの美しいナイトブルー

観客はどちらかというと年配者。質素だけれど、みなさん上品に着飾ってきていた。

席に着くとき、隣の人が軽く挨拶してくれたのを覚えている。

*写真はクリックすると拡大されます

« Helsinki 2 | トップページ | Proof of my life »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ