« non title | トップページ | non title »

2007/06/30

Le Corbusier Exhibition

5月の連休以来の東京。

まずは映画「ダイハード4」を見る。前売り券をちゃんと買っておいてくれて、らくちんであった。そういう気の利く人になりたい。映画はあまり期待していなかったのに、どうして、どうして、すごく面白くて、ダイハードってこんなに面白かっただなんて。まず、分かり易さが良い。ブルース・ウィリスの単純明快さが良い。たまにはこういう娯楽映画もいいものだとしみじみ思った。

次に向うは、六本木ヒルズ森美術館の「ル・コルビュジェ展」。本当は国立新美術館での「モネ展」に行こうとしていたのだが、ある筋の情報で、平日でもものすごく混んでいるということで、森美術館のほうにしてみた。建築については、興味はとてもあるけれど専門知識はない私。でも、さすがにコルビュジェのことは、テレビや雑誌で取り上げられる回数が多いので、とても興味が湧く。まず、驚くのは、20世紀前半においてあのモダンさを追求したこと、というかあの時代にしてこんなクールなデザインが存在していたこと。彼の建築物、家具は今もなおその機能性とモダンさが色あせていない。会場にはたくさん模型があって、外から模型の建物の中を覗くと、立体的に理解できて面白い。また、模型の近くにはその建築物の実際の映像も紹介されていたりして、さらに理解が深まる展示となっていた。

ル・コルビュジェ展 http://www.mori.art.museum/contents/lc/index.html

展示はいくつかのセクションに分かれていて、その中で面白かったのは、1952年竣工の集合住宅《マルセイユのユニテ・ダビタシオン》の1戸分のスペースを実物大に再現した模型だ。キッチンなど、こじんまりしているがすごく可愛い。この住宅は人間が住む(恐らく4人家族用)最小限の寸法となっていて、実際にその中に入り、歩き回れるようになっている。いいのかそうでないのかは考え方次第。

コルビュジェは椅子のデザイナーとしても名高い。世界中で愛されている彼のデザインした椅子に実際に座れるようにもなっていて、それは感激もの。一緒だったY氏とこれいいね、と意見が一致したのは、LC1。背もたれが座る人の体や姿勢に合わせてくれる椅子で、座面が後ろに傾斜しているのも、座るとすごくラクに感じる。

Lc1_1 LC1

そして、そのアイデアにうなずいてしまうLC4。こんなのに座って読書や昼寝ができたらどんなにいいだろう、と思う。

Shezu_1 LC4

これは、手動で湾曲しているステンレスの部分をずらして、おもいっきり寝かすことも起こすこともできるすぐれもの。手動というところに魅力を感じる。これらが1920年代に制作されただなんて、すごいなぁ。

しかし、どの椅子も素晴らしいだけにお値段も高額。ため息が出る。

ミュージアムショップに寄ったら、ミニチュアの椅子(3~5センチくらいか?)を売っていて(確か1000円もしなかった)、せめてそれを購入しようと思ったら、あいにくコルビュジェのはなくて残念。

日本の建築物では、上野の国立西洋美術館がコルビュジェの設計だとのこと。それは知らなかったことで、確かに、言われてみれば、古いけれど朽ちないデザインと思うし、今度行くときはきっと見え方がまた違ってくるだろう。

展覧会の入場料に、展望台への入場も含まれていて、確か六本木ヒルズが出来たときに上ろうとして、やけに料金が高かったのであきらめたので、今回とても幸運。夕方だったので、中途半端な時間帯ではあったが、フロアは空いていたのでゆったり景色を眺めることができた。

200706301827000 行こうと思っていた国立新美術館も眼下に小さく見えた

運転する必要のない日。歩きまわってのども渇いて、夕食時にはビールを飲む。久しぶりのビールに選んだのは、ベルギーの「ヒューガルデン・ホワイト」という銘柄。初めて頂いたのだが、ビールの苦さに弱い私には、とても飲みやすく、気に入る。苦くないどころが、むしろ甘いように思える。ビールにもいろんな味があるんだなぁ。

Hoegarden ヒューガルデン・ビール(ホワイト・ビール)

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ