« green necklace | トップページ | non title »

2007/07/30

non title

前期最後の広報活動を今日、終えた。

何もこのタイミングで・・・と思うほど、出発時に土砂降りの雨と、おまけにカミナリも遠くだったが鳴っていた。大学の構内から出るとき、ゲートを開けるため車の窓を開け、右手を伸ばして暗証番号を入力したとき、右手がすっかりびしょ濡れになって、出発時に既にしてメゲそうになる。

でも、今日は、行った先々でとても丁重に応対していただき、ささっと済ませるつもりが、結構長居していたりと、でも、なかなか充実した良い訪問となったと思う。一校は、訪問の甲斐あって、昨年2人編入してくれた専門学校で、その2人も就職活動が順調で、内定が出ていることもあり、報告を兼ねて進路担当の先生にお会いする。編入学の広報は初めての試みで、4年ほど前に一人はじめたのだが、実を結ぶケースがあると、それなりにやりがいも感じることができる。この入試の一連業務を経験できたことは私にとっては大きい。

先週までかなり疲れが溜まっていたが、いまはスッキリしている。

「赤い水」のおかげ。

200707301930000 これが「赤い水」

実はこれ、自家製のしそジュース。母が毎年、しその栽培から始めて夏に飲むため作ってくれる。以前は、自家製なんかやだ!と思っていた私だが、最近はこんなに安全で旨いものはないと、家庭菜園で作られた野菜も喜んで食している。(もちろん、私は栽培には携わっておらず・・・食べる専門であるが)

話が反れたが、このしそジュースを先週末から飲み始めたとたん、蓄積していた疲労が抜けたのがはっきりわかる。成分は赤いしその葉、水、グラニュー糖、そしてクエン酸だそうである。クエン酸とは、レモンなど柑橘類や梅などに多く含まれる酸味成分。あるサイトでは、このような説明がある。

“体内で糖分を代謝してエネルギーに変えてくれます。また体内に入ったマグネシウムやカルシウムなどのミネラルを吸収しやすくしてくれ、身体の疲労物質である乳酸を分解し、体内に蓄積されるのを防いでくれるという働きがあります。”

そう、疲労物質が分解された! そんな感覚がはっきりある。

中学や高校のころ、部活のときにレモンの輪切りの砂糖漬けなんかを食べていたけれど、あれって意味があったんだ、と改めて感動してしまう。

毎年、この赤い水にすごくいいタイミングで救われている。

今年は、蒔いたしその種の多くが芽を出さなかったそうで、いつもだったら瓶で十数本生産され、親しい人にお裾分けしているのだが、今年は数本しかできず、お分けできなくて残念。

« green necklace | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ