« No Reservations | トップページ | A Thousand Years of Good Prayers »

2007/10/08

non title

家から1キロくらいのところに、いせさき市民のもり公園が数年前にできて、あまりに近すぎてほとんど行ったことがなかったのだが、昨日の夕方、マックを連れて散歩に行ってみたら、とても緑多い公園で、たくさんの種類の木々が植えられていて、芝生はとてもよく広がっているし、木々の間を散策できる遊歩道も整備されていて、こんな近くにいいものを作ってくれたと大いに感激したのだった。そして、今日はマックを置いてウォーキングがてらまた夕方に行ってみた。今日は公園内を2週してみた。途中、どこからか甘い懐かしい香りがしてきて、それはキンモクセイだった。この香りがこの時期だったこと、ここ数年忘れていたような気がする。外を歩かないと、季節のいろいろなにおいを忘れてしまう。

夏の間は暑くて外などとても歩く気分になれなかったが、ようやく涼しくなってきて、そうだ、これからはたまにはここに散歩に出かけようと思った。休日の日中は家族連れで非常に混んでいるようなので(駐車場はいつも満車の様子)、休日だったら夕方がよさそう。平日なら早朝(起きられたらの話だけれど)がいいだろう。

NYのセントラルパークのような洗練さはないにしても、うちから広瀬川にかかる橋を渡ってほどよい距離にあることを感謝しつつ、巡り来る季節を味わえる場所になることを期待しよう。

« No Reservations | トップページ | A Thousand Years of Good Prayers »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ