« non title | トップページ | sakura »

2008/03/30

non title

久しぶりにAimee MannのCDを聴く。Lost in Space。やや気だるい感じで、ひとりで考え事などするときに聴く一枚。それから、Stein Gets のRound Midnight を続けて。

昨夜、偶然見た番組、NHKBShi「世界のダンディー30人」は実に面白かった。奥田瑛二の司会で、姜尚中,鹿島茂,高橋源一郎,佐野史郎,ピーター・バラカンが、それぞれ政治、芸術、文学、俳優、音楽の世界から独断と偏見で各5人づつ選んできて、語り合い、各ジャンルのナンバーワンを決め、さらにそこからナンバーワンを選ぶ、という企画。まず、出演者のダンディーの定義に興味を覚える。姜尚中は“一貫してナンバーツーの座を意識した政治家、革命家”と定義し、テェ・ゲバラ、周恩来、エドワード・サイード、後藤新平などをあげていた。鹿島茂という人は芸術の分野を担当し、“それまで誰もやらなかったことに挑戦し伝説となった人”ということで、ダリやウォーホルなどをあげていて、ダンディーからその二人を選んだことを意外と思うと同時に、そんな見方もあるなぁ、と納得させられた。そのほか、吉行淳之介や太宰治、金子光晴、マイルス・デイビス、ジョン・レノン、マストロヤンニなどがいて、結果、世界のナンバーワン・ダンディーはエドワード・サイードということとなる。サイードについては不勉強でついていけなかったが、これらの知識人たちが世界一のダンディーと称えたサイードについてもっと知りたくなり、早速ニ冊本を注文してみた。

ここのところ、眠る前に読んでいる本「ニューヨーク街路劇場」(粉川哲夫著 1881年刊行)に“マクドナルドとマックダーナルドの差”というタイトルのエッセイがあり、それを読んで、自分自身が初めてNYに行ったときのある場面を思い出した。現地に着いてから、グレイラインツアーのオフィスに行って、半日市内観光に申し込み、参加したときのこと。朝、オフィス前から出発したバスは、もちろんガイドは英語で、日本人は私たちしか乗っていなかった。ダウンタウンのフラット・アイアン・ビルとチャイナタウンに立ち寄り、バッテリーパークでバスを降りて、自由の女神に行くためにフェリーに乗り込んだ。ガイドはバスで待っているようだった。失敗したのは、なぜだかわからないが、バスへの集合時間を確認しなかたことだ。私たちはある背の高いおじさんを目印に行動していて、なんとなく大丈夫だろうと高をくくっていた。ところが、である。リバティー島でこともあろうか、私たちはそのおじさんを見失ってしまったのだ。途中までしっかり列の前方に見えていたのに・・・(いま思えば、その人は最初から私たちのように階段で上らず、途中の展望台までしかいかないエレベーターに乗ったのかもしれない。)でも、まあ大丈夫だろうと、しっかり自由の女神の頭頂部までだらだらと螺旋階段を上り、たくさん写真も撮って、フェリーでバッテリーパークまで戻った。そしてバスはとっくの昔に出発していた、というわけである。そのあと回るはずだったところはどこだったか、思い出せないが(多分国連ビルあたりか・・)、仕方がないのでタクシーを拾うことになる。ひとつ悔やまれたのは、バスのなかに折りたたみ傘を忘れてきたことだ。私たちはすっかりおなかも空いてきて、本場のマクドナルドとやらに行ってランチにしようということになり、タクシーの運転手(黒人女性だった!)に、ここから一番近いマクドナルドに行ってください、と頼んだ。だが、ぜんぜん通じない。何度も何度も言ったが、まるで通じない。そして、彼女は紙に書くよう言った。そして言った。「オー、イッツ マックダーナルド!」と。この場合、「ダ」にアクセントがある。そして、無事に私たちはマックダーナルドに到着。私はチーズバーガーとオレンジジュースを注文した。ところが、その店はものすごく雰囲気の悪い店だった。店員がまるで愛想がなく、やる気もない感じ。どんよりしていて怖いほどだった。そして、期待に胸を膨らませて食べたハンバーガーはまずく、オレンジジュースは味が薄くて甘さだけはある砂糖水のようであった。かくして私たちはいろいろな失敗を重ねていくのだった。でも、タクシーの細身の黒人女性ドライバーは、ハートのある人だったなぁ。タクシーを降りるとき「ハッピー・バレンタイン!」と言ってくれた。折りしもその日は2月14日で、バレンタインと自由の女神とマックダーナルドと素敵なタクシードライバーは、私の記憶の同じ引き出しにしまわれている。

« non title | トップページ | sakura »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ