« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/27

プラザでの10年間

「世界最高のホテル プラザでの10年間」

奥谷啓介 著

小学館

大学の図書館で偶然見つけて即、借りて一日で読み終えた。世界屈指の高級ホテルであるプラザでマネージャーとして働いた日本人が書いた本。憧れのプラザホテルの裏事情やアメリカ人と日本人のホテルサービスに対する認識の違い、またホテル業界のしくみまでが分かりやすく書かれていて大いに楽しめた。

実はプラザは95年に一度、その98年の歴史に幕を下ろしている。ホテルではなく超高級コンドミニアムとして生まれ変わる、ということだったようだ。そして不覚にも、そのことをごく最近まで私は知らなかった。もちろん、このホテルに宿泊したことはない。憧れてはいたけれど。ホテルの前は幾度となく通っているし、多くの映画でホテル自体が登場している。有名なところでは「ホーム・アローン」や「追憶」。「追憶」の撮影中、バーブラ・ストライサンドは、その当時世界一高いといわれていたプラザのプレジデンシャル・スイートに宿泊していたそうだが、その値段たるや、一泊約180万円だったとか。このスイートルームは2階建てで、どの窓からもセントラルパークが見えたとか・・(ため息が出る)。(そう、このホテルはマンハッタンの最も分かりやすい、そして最高の場所にあるのだ。5番街がセントラルパークと出会う場所。)またプラザはビートルズが初めてアメリカツアーに出たときに宿泊したことでも知られている。ホテルの周囲は黒山のひとだかりになったとか。そして、ジョン・レノンは後に、プラザからセントラルパークを斜めに挟んだ、ここもパークに面しているダコタ・アパートメントに住むことになる。

話が反れたが、この本を読んで、これまでのアメリカに対する自分の考えを改めなくてはならないと思った。日本のサービスは世界一だと自負するところだが、これを自分が旅行する相手国に要求することは間違っていることに気づかされる、そもそも社会背景や国民性、システムが違うのだ。逆に、アメリカの業界のシステム(その合理性)に感心する部分も発見した。そして、何より、アメリカのホテル業界に身を置いて、アメリカと日本の間に立ち、日本の顧客の理不尽な要求に対して、誠心誠意対応してきた著者の姿勢にホテルマンとしてのプロ意識を見た思いだ。我々日本人は海外において、自国の基準や価値観で物事を評価しがちであり、そのことをひどく恥ずかしく感じた。今度アメリカに行くときは、この本を携えて行きたい。

ある記事によれば、プラザホテルは改修を終え、今年の3月に一部が再オープンしたとか。なんだか複雑な心境だ。

2008/04/26

non title

館林美術館で開催中の「20世紀の人間像」展を見に行く。

一番の目的は、サルバドール・ダリの「女の胸像(回顧された)1970年」。同題の作品は複数存在するようだが、そのうちのひとつを数年前ニューヨークのMOMAで見た。存在感のある作品で、どこかふざけたように思えて笑いも誘うが、物悲しさも秘めていて、とてもシュールだ。頭にはフランスパン、その上にはミレーの「晩鐘」を模ったものが乗せられている。首にはなぜかトウモロコシが掛けられ、顔にはたくさんのアリが這っている。作品の解釈に答えは無く、ただただ、人間の奥底を衝かれたように思え、圧倒されてしまう。

↓館内で写真を撮るとマズそうな雰囲気だったので、パンフレットから。

Image3 今回見たもの(徳島県立近代美術館蔵)

Moma61jpg MOMA所蔵(Photogragh by W)

また、日本人の作品も数多く展示されており、お馴染みの奈良美智の作品も目を引いた。現代アートとして海外で日本人のポップなアートが注目されていても、私はあまりそれらには関心はないのだが、奈良美智の絵にはなぜか引き込まれてしまうし、正直、好きだ。

Tokushima3 奈良美智 Untitled(Broken Treasure)

いつ行っても館林美術館には魅力を感じる。今日は雨模様だったが、雨さえも似合ってしまう。

Image2 中庭

Image レストランからの眺め

200804261620000 

2008/04/24

non title

振替休日。

先日、職場の方から伊勢崎の焼きまんじゅう屋さんについて聞かれて以来、無性に焼きまんじゅうが食べたくなり、ついに、本当に何年かぶりに食べに行った。やっぱりコレだね、という感想。いくらでも食べられる。甘い味噌ダレが口のまわりについちゃうのだが、そんなこと気にしていられない。我が家では、焼きまんじゅうは、おやつではなく主食とて成立していた。(子供のころ) 土曜日などは山盛り買ってきて、これが立派なお昼になっていたのを思い出す。

Image

夜、何気なくテレビをつけたら、映画「ブリジット・ジョーンズの日記」がちょうど始まったところで、何度も見ているけれど、楽しめた。映画のなかのレニー・ゼルウィガーの洋服の色使いがとても好きだ。ブリジットが仕出かす様々な失態は、彼女の個性としてなぜか光っていて、無難にこなすよりもむしろ好印象に残るものだと感心せざるにはいられない。

2008/04/22

non title

昨夜テレビをつけていたら、スマップの番組で米米クラブとかTM Networkなど懐かしい人たちが出ていて、そのなかにEPOも出て「うふふふ」を歌っていたので、自分のなかで大変な盛り上がりであった。高校のときの文化祭(前夜祭だったか、後夜祭だったか)で全生徒がこの曲で踊る、という企画があって、これが大変な盛り上がりを呈したので。いま思い出してもうきうきする。クラスの代表2名ほどがまず踊りを覚えてきて、それをクラスの全員に伝授。そして本番を迎える、という流れだったと思う。最初はみんなバカにしていたのだが、だんだん盛り上がってきて、本番、校庭で全校(しかも全員女子)で踊ったときには、こんな楽しいことが他にあるだろうか、といった雰囲気になっていた。当時、この曲を選んだのは誰かは知らないが、いいセンスしていたといまつくづく思う。もう一曲あって、それは確か矢野顕子の「春咲小紅」だったと思う。これもいい選曲。

2008/04/19

non title

市内で本を買うときは、唯一の大型(中型?)書店であるT書店に行く。そこが気に入っている理由は二つあって、ひとつは新聞やテレビで紹介された本のコーナーがあることと、もうひとつは店主の接客の仕方だ。BSの週間ブックレビューや日曜日の新聞で紹介されていて、読みたいなと思う本は、大概ここで見つかる。今日も先週読売新聞で紹介されていて、興味をもったネコの写真集がコーナーに置かれていた。いまは、ネットで簡単に買えるけれど、やはり実際に手にとってパラパラと読んでから気に入れば購入する、というスタイルが一番だ。それから、この店の店主の客に対する態度は秀逸だ。言葉遣いが素晴らしいのだ。今日も、あるお客さんに、「もしよろしければ、探してご連絡させていただきます。」と穏やかな口調で接客している声が聞こえてきた。レジが忙しければ、店内のどこからかさっとヘルプに入ったりする姿もよく見かける。だから、私は本を買うときはこの店で買おう、といつも思うのだ。今日も2冊購入。

それから、思い出したのだが、もうひとり紹介したいプロフェッショナルがいる。市内のショッピングモールに入っている旅行代理店の女性店長。こちらが求めることに対して、いろんな角度からプランを探してくれる。それから、その人は韓国通のようなのだが、先日ソウルに行く手配をしてもらったときなど、自らリサーチしたリーズナブルなレストランを教えてくれたり、いくつかアドバイスしてくれたり、オリジナルノートを見せてくれたりも。この人なら間違いない、といつも安心して旅行の相談をできる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年アムステルダムに行ったときに、余ったユーロで、帰りのスキポール空港の免税店で買ったチューリップの球根がきれいに花をつけた。

200804191438000 200804191439000 

数色が混在していた。咲いてみてのお楽しみであった。

200804191441000 白はどれも背が高い。モクレンの花にも似ている。

200804191441001 濃い紫色。高級感がある。

チューリップって、子供のころ花を描くときはいつもこれだったことを思い出す。みんなそうじゃないかな。簡素でこれ以上可愛らしいフォルムが他にあるだろうか。

Tulip ちょっと描いてみた。

2008/04/13

Hoobastank

最近のお気に入り曲

Hoobastank の "The Reason"

耳にしたことのあるようなメロディーで、誰もが口ずさめる感じが心地よい。

イントロのアレンジがとてもスタイリッシュ。

2008/04/12

Paranoid Park

2007年/アメリカ・フランス/監督・脚本・編集:ガス・ヴァン・サント

公開初日に渋谷まで見に行く。

最近では田舎の町にもどんどん進出してきたシネコンで上映されるエンターテイメント系の映画に辟易しているので、単館系の映画に飢えている。(この映画は全国の主要都市では公開されているが)

パラノイド・パーク公式サイト http://paranoidpark.jp/index.html

主人公の高校生アレックスは、ひょんなことから人を死に至らせてしまう。その事実自体が大変なことにもかかわらず、映画のなかでは、淡々と彼の日常生活が流れる。この作品が伝えたかったことのひとつは、(恐らく)普段私たちはいかに些細なことにのみ執着し、話題にし、それに一喜一憂しているか、ということだ。そのことをアレックスをとおして映画を見るものに伝えようと試みている。ある日突然、何かが起こり、そのことによりまるで世界観が変わることが誰にでもありうるということだ。誰にも言えない苦悩を抱え、日常のなかに浮遊しているような感覚。いままで夢中だったことや悩んでいたことが、窓の向こう側で起こっているかのように思えるような。

普通ならこのようなことが起こった場合、当事者は慌てふためくだろう。しかし、現代に生きる高校生アレックスはポーカーフェイスだ。起こしてしまった事実にやや動揺はするものの頓着していないようにも見える。でもその事件以来孤独だ。誰にも言えない秘密を抱えてしまったからには。

アメリカ西部の町、ポートランドが舞台。印象的なシーンは、アレックスが心の苦痛を和らげようと事件をノートに綴るいくつかのシーンのなかで、海辺の草原に置かれたベンチで書くところだ。殺風景などんよりとしたその場所やそこに続く道は、アレックスのイノセントな内面を強調している。それから、最後のほうのシーンで(実際はもっと前に起きている出来事だが、映画では最後のほうにもってきている)、友人のメイシーがこぐ自転車にスケボーに乗ったアレックスがつかまって、晴れた住宅街を進むところ。メイシーはアレックスの変化を感じとり苦悩を誰かに宛てた手紙に綴るよう提案する。(決して「何があったか」を尋ねたりしない。)アレックスはその助言に従いメイシーに宛ててノートに綴る(それは彼女の手には渡らず、アレックス自身が燃やしてしまうのだが)。映画では時間軸が前後する。でも違和感はない。

映画のなかで事件の解決はみない。アレックスがこの先どうなるのかはわからない。そのこと自体は映画の主題からは大きく外れている。

アレックス役のゲイブ・ネヴァンスは地元の高校生で、オーディションで選ばれたそうだが、彼の整った顔立ちや無表情さが、独特のカメラワークを充分支えている。カメラはあまり頻繁には切り替わらなく、長すぎるほどに人物を捉えて、その表情や動き方からその内面を観客に伝えようとしているようだった。

2008/04/09

non title

よしもとばなな のHPを見ていたらこんなことが書いてあった。

「大事な人の大事な話を聞いてるだけであっというまに終わってしまう。だから大事でない人のどうでもいい話なんてちっとも聞かなくていいんですよ。」

同感だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たまにメールをくれる友人で後輩のTK氏より久しぶりに便りがあった。私はこの人の考え方とか感性とかハートが好きだ。そう、とにかく理屈より感覚や直感(本人いわく“カン”)で行動ができる人なのだ。もちろん、そのカンを裏付ける努力や経験や能力は存在するにちがいない。実は目指しているのだ、私はこのような人になりたくて。憧れちゃうなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いま興味があること

モディリアーニ展

http://www.nact.jp/exhibition_special/2007/modigliani/index.html

ガス・ヴァン・サント監督の最新作「パラノイドパーク」

http://paranoidpark.jp/index.html

2008/04/03

non title

春はやっぱり苦手である。多少の別れがあり、かといって新年度がスタートし、感傷的になっている場合でもなく、そんな複雑な気持ちとは関係なく桜が咲く。その美しさが切なさに追い討ちをかける。

C先生の送別会がささやかであるが開かれた。ささやかだが温かみのある会だったと思う。コンピュータのことでC先生と接触の多かったSCのIさんとSさんが何の迷いもなく参加してくれたのが嬉しかった。構内ですれ違うときなど、いつも"Hi, How are you?"とか"See you"とか、一言だけれど挨拶を交わしてくれたC先生は、オハイオの小さな町の出身だと今日初めて知った。真冬でも半袖で、でもいつもかっこいいテンガロンハットをかぶっていて、今日その帽子はどこで買ったのかと質問したら、セントルイスの駅で、とおっしゃっていた。もっといろんなことを聞いてみたかった。でも、そんなふうに思うときは、いつだってすでに遅いのだ。体の大きなC先生が、ひとりひとりにビールを注いでまわるのを見たら、涙が出そうになった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

悲しみ果てしなく

風は夜ごと冷たく

人は去り人はくる

でも気づけば 道しるべもない道にひとり

by 浜田省吾

2008/04/01

sakura

新年度が始まった。実感がないけれど確かである。また一年、最善を尽くしたい。誓いの象徴が欲しいと思い、なぜか仕事帰りにオレンジ色のファイルを1冊買った。このなかに広報の道具を詰め込んで、また進学説明会に出陣しよう。

Image

帰宅前に市役所の桜を見に立ち寄った。敷地の南側の道沿いに桜の並木があり、以前、母が車椅子に祖母を乗せて家から程近いその桜を見に行ったという話を思い出したから。冷たい風が吹いていてとどまるには寒すぎる夜で、でも桜は満開で今日を逃したらまた1年先になると思うとなかなか離れられなかった。しばらくして、横付けしておいた車を発車させ桜の下をゆっくり走らせると、道に1mほどの桜の枝が落ちているのに気づいた。日中の強風で折れたものだと思う。もちろん持って帰って、仏壇のところに飾ったことは言うまでもない。

200804012042000 2008.4.1 伊勢崎市役所の桜

最近思うこと。

全員に認めてもらうのは難しい。たったひとりでも分かっていてくれる人がいればいいかな、とそんなふうに思うと、案外、いまやっていることが(仕事が)正しい方向に向かうような気がしている。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ