« Lake George | トップページ | Nim's Island »

2008/09/13

non title

朝晩涼しくて、湿度が低い日などはほっとする今日この頃。屋外に出ると、夏の間は足早に次なる場所へ移動していた歩調が自然と遅くなり、ときには立ち止まって空を見上げたりするようになった。

金曜夜、BSで放送している「ザ・ホワイトハウス」。以前から何度かここに書いているほど、私はこのドラマのファンである。大統領と側近の人間性を、政策実行に向かう彼らの姿を通して、とてもうまく描いていて秀作だと思う。

ある回では、大統領がネガティブなときは、側近も後ろ向きになってしまって、逆に大統領が自身の信条を推し進めようと奮起すれば、側近は寝食を忘れて実現に向けて動き出す、という内容であった。リーダー自身がどうあるか、ということが最も大切なことだという、当たり前のことを見る人に伝えていた。

いま、アメリカ大統領選が終盤を迎えている。実際のホワイトハウスが、このドラマのようであるのか、そうでないのかはわからないけれど、ロマンがあるなぁと思い目が離せない。共和党がアラスカ州知事のペイリンを副大統領に指名したことで注目を集め、優勢だったオバマは苦戦を強いられている。どちらの側近がホワイトハウスのウェストウィングに入るのか、楽しみだ。

そいうえば、日本も総理大臣が誰になるのか・・・

« Lake George | トップページ | Nim's Island »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ