« non title | トップページ | non title »

2008/10/09

non title

夜の学内を歩いていたら、キンモクセイの甘い香りがしていた。闇の中では匂いというのはいっそう際立つのだなぁ。キンモクセイってこの時期だったのか。最近、やや仕事に追われ気味で余裕がないかもしれない。そういえば、ろくに本も読んでないや。心がすさんでしまいそうで怖い。

今日、学内に献血車が来ていたので、献血をした。400ml。忙しいけれどこういうことになると話は別。

今週は、ラオスから一時帰国しているT氏と会った。何年ぶりだったろうか。5年くらいか?お元気そうで変わりなく、楽しく食事した。ラオスの過酷な任務をずっと想像していたけれど、話をうかがうと意外に楽しんでいる様子だ。まあ、T氏だからだろう。誰でも同じようにはいかないはずだ。あの年齢であの体力と知力。自分もその年になったときに、あのようになれるのだろうかと思い、思わず「ヒーローだ」と告白してしまった。そして、固い握手をして名残惜しく別れる。T氏からメコン川まで散歩に行く、などという話は何度聞いても飽きない。

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ