« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008/11/29

non title

Bunkamura ザ・ミュージアムで開催中のアンドリュー・ワイエス展に行く。

http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/08_wyeth/index.html

ワイエスを知り好きになったきっかけは、ニューヨーク近代美術館(MOMA)で見た「クリスティーナの世界」で、多くの人が心を動かされたように私にとっても忘れられない一枚となった。以前もここで書いたかもしれないが、ワイエスはクリスティーナと弟(オルソン姉弟)との30年に渡る交友のなかで彼らとオルソン家周辺を描き続け、オルソン姉弟は一連のテーマとなっている。

メイン州の農場に住んでいたオルソン姉弟について、今回の展覧会でさらに知識を深めることができた。作品「クリスティーナの世界」ではうしろ姿で地面を這っているため彼女の顔についてはただただ想像するしかなかったのだが、今回、別の作品により、想像とは違って頑固で芯の強そうな、たくましい顔つきであったことを知った。何より感銘したのは、すでに成功をおさめていたワイエスが、この慎ましやかな姉弟と変わらずかかわりをもち、彼らが亡くなるまで交友を深めていたことだ。この展覧会ではそのことが心に染みるほど伝わってくる。

51歳でこの世を去ったクリスティーナは、生まれつき手足が不自由だったそうだ。MOMAの「クリスティーナの世界」は、家から離れた畑に農作物を取りに行ったクリスティーナが草地を這いながら家に戻るところを偶然ワイエスが見かけ、心を動かされ、作品にしたのだという。今回MOMAのテンペラ画は来てなかったが、素描が展示されていて、試行錯誤の跡が確認できる。体が不自由なことに対して、そのことをもろともせず不屈の精神でたくましく生きるクリスティーナを、きっとワイエスは心の底から尊敬し、暖かい眼差しを注いでいたのだと思う。いつかMOMAのテンペラ画に再会することを楽しみにしたい。

オルソン・シリーズの展示の最後のほうに、「クリスティーナの墓」という鉛筆で描かれた作品に目がとまったとき、思わずこみ上げてくるものがあった。そして「オルソン家の終焉」と題した習作もまた、姉弟が亡くなったあともなおオルソン家への愛着を表現せずにはいられないワイエスがそこに居たことがわかる。(姉弟は同時期に示し合わせたかのように世を去ることになる)

ワイエスの作品には、その作品自体の素晴らしさに加えて、その対象を見つめる作家の優しさや厳しさ、独特の感情を見るようで、だからファンが多いのだろう。

そして、この展覧会の特徴は、ひとつの作品を仕上げるまでの過程を見ることができることだ。素描→水彩→ドライブラッシュ→テンペラといった過程。いきなりテンペラ画に取り掛かるのではなく、対象から受けた衝撃や、それを表現するときの素直さなど、それら4つの技法で確認をしっかりするような丁寧さがある。

ワイエスは現在、91歳。展示室の一角に、今回の日本での展覧会に向けての本人のメッセージビデオを見ることができて、これも感動。展示室の最初のところに、1983年に撮影されたワイエスのモノクロ写真が掛かっている。66歳のときのワイエス。しっかりした生地のピーコートの襟を立てているその風貌はとてもかっこいい。

また、オルソン家は現在も保存されていて、実際の映像も見られたことは収穫であった。ワイエスによってモチーフとされ、世の人々の目にいつまでも触れることになったオルソンの家屋。不思議なことにその家は、そうなる価値を充分に備えているかのような独特の雰囲気を湛えている。展覧会のどこかに、ワイエスの妻がこの家を初めて見たときの印象が紹介されていた。“オルソンの家は、丘の上に打ち上げられた難破船のようだった”と。かつて(この家は18世紀から存在していたそうだ)は、もしかしたら繁栄していたのだろう。ところが徐々に没落し、現在は姉弟がひっそりと質素に生計を立てて暮らしていて、歳月とともに老いて過酷になり、家屋自体がその象徴のようにも思える。そんな印象をこの言葉は表しているように思う。

2008/11/19

non title

冬を感じた。今日の空気は“山では雪が降ってるな”という冷たい空気だ。空は青くて、夜は星が出ているけれど。

帰宅してテレビをつけたら、「ホット・ロック」というロバート・レッドフォード主演の映画の途中で、ただぼーっと見ていたら、NYの摩天楼をぬうようにヘリコプターが飛んでいるシーンになった。1972年の映画で、ビルのなかにワールド・トレード・センターがはっきり写っていた。タワーのひとつは完成していて、もうひとつが建設途中のときのようだった。切ない。

そして、70年代のNYの街角の光景が堪能できた。ミッドタウンなど、街並みはいまと変わらない感じがする。違うのは人々のファッションとイエローキャブの型くらいなものだ。なんとなく優雅な雰囲気がする。

NYの今日の天気は晴れ。でも気温マイナス3℃の模様。

2008/11/16

non title

すっきりしない雨模様の週末となった。

スーパーに入っている書店を通りかかった際に、スティーヴン・キングの短編集「幸運の25セント硬貨」がふと目に留まり購入した。それぞれのストーリーのはじめのことろに、著者がそのストーリーを思いついたきっかけとなったエピソードが少し書かれている。今晩も読もう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日DVDで見た映画に、なるほど、と思える言葉があった。それは「人は、写真を撮っている間は、その瞬間を生きていない」という言葉だ。被写体に捕らわれていて、自分自身はその瞬間存在しない、というようなことを言っていた。少し理解できる。私も旅先でたまにそのことを思うから。旅先では当然のように写真を撮ることが多いが、写真を優先することだけは避けたいと思っている。写真は二の次でいい。本当に嬉しかったり感動したりした瞬間の風景や空間は、写真に撮らずとも(写真以上に鮮明に心に)残るものだし、実は写真になんか収める行為自体が不自然でその瞬間を台無しにするような気がしてならないと思っている。とは言っても、カメラもっていくのだけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表参道の駅にちょっとしたカフェがあるのだが、そこで先日飲んだフランスのレモネードのビンが素敵で、ここに記録しておきたい。

Image Cafe de METRO のフレンチ・レモネード \480

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学内で群馬名物の焼きまんじゅうの話題になり、そうとなれば無性に食べたくなるもので、早速おなか一杯食べた!

Image2 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日曜、ゆっくり起きたときなど、テレビをつけるとちょうど「男子ごはん」という番組をやっていることが多くて、ちょうどおなかも空いているものだから、自分でも作ってみたいと思うことは思う。そしてついには作らず終いなのだが、先週はめずらしく作ってみた。男子ごはんというだけあって、シンプルで簡単、というのがいいのだ。

それは・・・

豆腐とモッツァレラチーズのサラダ(4人前)

[材料]

豆腐(木綿):1/2丁
モッツァレラ:1個
aおろしにんにく:ほんの少々
 オリーブ油:大さじ1~2
 塩:小さじ1/2
 こしょう:適宜

[作り方]

1 豆腐はキッチンペーパーで包んでザルにのせ、上に皿などの重しをのせて15分くらい水切りをする。
2 ボウルにaを混ぜ、1とモッツァレラチーズをちぎりながら加えて和える。

先週はこのとおりに作ってみてとても気に入ったので、今週はこれにトマトとオレガノを加えてみた。

Image1 完成品

モッツァレラチーズが大好きな私にはたまらない一品。お豆腐の食感がチーズに似ていて、お豆腐の量の分ヘルシーな感じがする。(チーズを摂り過ぎないのがよい)

*おろしにんにくは必須。これが入るのと入らないのとでは大きく違うような気がする。にんにくを入れすぎないことに注意。

試してないけど、ワインに合いそう。

男子ごはん http://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真に否定的な割には、今日のブログは写真が中心・・・(反省)

2008/11/15

non title

某月某日

神楽坂。

N氏にお店を予約していただき、SHUNという和食ダイニングにてお食事をいただく。お会いするのは2年ぶりくらいだろうか。このお店はメイン通りから細い路地を入ったとても落ち着いた場所にあり、まるで京都のような趣がある。なんとなく大人の雰囲気を感じるところだ。神楽坂自体が大人の町なのだろう。

それに、だいいち、待ち合わせ場所が「毘沙門天のところ」というところが粋ではないか。

美味しいお料理をいただきながら、しばらくお会いしなかった時間を埋めるというおしゃべりではなく、先週会ったばかりのような自然な会話。なんでなんだろう、と後で考えると、きっとN氏が不変性を持つ人だからなのだと思った。

ところで、N氏とは映画の趣味が正反対なのが面白い。私がまったくと言ってよいほど見ないアクション、SF、ホラー、邦画をN氏は好み、私が見る洋画の恋愛もの、社会派、コメディなどはさっぱりのN氏。だからといってがっかりすることもなく、趣味が合わないね、と笑いながら話すのだが、無理に合わせることもなく、ハハハ、というのがきっと心地よいのだと思う。

お店を出たら猫が横切った。これも演出? まさか。

月が冴えていた。(N氏が気づく) これも? まさか。

2008/11/08

non title

この週末は一段と冷え込み、コート姿の人も見かけ、冬が来たなぁ・・と感じた。

そんななか、館林美術館に国吉康雄展を見に行った。

戦前からアメリカに渡り、日本ではなくアメリカを代表する芸術家となった国吉康雄についての知識はほとんどなく、ただ、サブタイトル「アメリカンドリームの光と影」に惹かれて行ったところ、その作風がとても自分好みだったのと、主にニューヨークを拠点に創作活動をしていたことにとても興味を覚えた。(若くして渡米後、たった一度しか日本へ帰国しなかったそうだ)

展示は8章から構成されていた。それぞれの章ごとにタッチが微妙に変化していて、その部分もとても楽しめると思う。(章によっては国吉が撮影した写真や国吉ゆかりの画家の作品も織り交ぜてある) 初期の風景画はアメリカに憧れていた日本人の目をとおして描かれたと思うと興味深いし、その後の子供をモチーフにした作品はなぜかとてもシュール。そしてサーカスの女性がモデルの大きな作品の前からは、しばらく離れることができなかった。晩年はパステルカラーを用いている作品が多く、それらも好きだなぁ、と思える。

この展覧会で知った一番の驚きは、国吉が1929年(昭和4)にニューヨーク近代美術館の「19人の現存アメリカ人による絵画展」のその19人に選ばれ出品されたことだ!展示物のなかにそのときのカタログもあり、感動してしまう。その19人にはなんと、オキーフやホッパーも名を連ねているのだ。また、1948年(昭和23)に現存作家として初めてホイットニー美術館で個展を開いたという事実も驚きだ。NYのホイットニー美術館はアメリカン・アートを中心に展示する美術館。国吉がアメリカという国に、自国のアーティストとして認められたことを証明している。(しかし、本人が希望していたアメリカ市民権は、かなわなかったそうだ)

Image2_2

たっぷり時間をかけて鑑賞していたら、日もとっぷりと暮れていた。冷たい空気に包まれた広い敷地にある美術館だけが、その周辺は沼があったり森林が多いところだから余計に、ほんのり灯されているように感じられる。

Image1_3

群馬県立館林美術館(国吉康雄展) http://www.gmat.gsn.ed.jp/ex/ex.html  

2008/11/05

non title

ハロウィーンが終わって、街はもうクリスマス関連の売り出しが始まっている。昔(子供のころ)は12月に入ってからゆっくりとクリスマスムードになったような気がするが、まあ、クリスマスの雰囲気は長いほうがいいと思う。なぜなら、クリスマスというものは寒い季節に「ぬくもり」のようなものを感じさせてくれるから。

Bimage 池袋西武に入っているイルムス

イルムスもクリスマスグッズの販売が始まっていた。大好きなお店。以前からこのページで紹介しているが、北欧の食器や製品が中心に売られている。定番中の定番が品揃えの中心で、とてもほっとする空間だ。いまはクリスマスプレートが加わっていて、それがとても素敵だ。でも1枚7千円からするので、ちょっと手が出ない。12月まで悩んで、それより値段の安いアラビアかイッタラのお皿を買おうかと思案中。仕事頑張ったら、とかそういうことのご褒美にしようかと思っている。

急に寒くなって、とりあえずハロゲンヒーターでしのいでいる。

仕事帰りにスターバックスに寄ったら、冬の定番メニュー、ジンジャーブレッドラテなどが出ていた。これは疲れた(心と)体に効くなぁ・・・

Image

ところで、アメリカ大統領選、オバマが勝利した。初の黒人大統領。私たちは歴史的1ページ目を目撃したことになる。思えば私たちは何気なく生活しているなかで、とても重大な場面と時期を同じくして生きていることもある。そんなふうに考えると、歴史の教科書に書かれている一大事だって、当時の人々にとっては、日常とは別のラインで、直接的ではない感じて起こっていたこともたくさんあるのだろうと思う。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ