« non title | トップページ | non title »

2008/11/16

non title

すっきりしない雨模様の週末となった。

スーパーに入っている書店を通りかかった際に、スティーヴン・キングの短編集「幸運の25セント硬貨」がふと目に留まり購入した。それぞれのストーリーのはじめのことろに、著者がそのストーリーを思いついたきっかけとなったエピソードが少し書かれている。今晩も読もう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日DVDで見た映画に、なるほど、と思える言葉があった。それは「人は、写真を撮っている間は、その瞬間を生きていない」という言葉だ。被写体に捕らわれていて、自分自身はその瞬間存在しない、というようなことを言っていた。少し理解できる。私も旅先でたまにそのことを思うから。旅先では当然のように写真を撮ることが多いが、写真を優先することだけは避けたいと思っている。写真は二の次でいい。本当に嬉しかったり感動したりした瞬間の風景や空間は、写真に撮らずとも(写真以上に鮮明に心に)残るものだし、実は写真になんか収める行為自体が不自然でその瞬間を台無しにするような気がしてならないと思っている。とは言っても、カメラもっていくのだけれど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表参道の駅にちょっとしたカフェがあるのだが、そこで先日飲んだフランスのレモネードのビンが素敵で、ここに記録しておきたい。

Image Cafe de METRO のフレンチ・レモネード \480

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学内で群馬名物の焼きまんじゅうの話題になり、そうとなれば無性に食べたくなるもので、早速おなか一杯食べた!

Image2 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日曜、ゆっくり起きたときなど、テレビをつけるとちょうど「男子ごはん」という番組をやっていることが多くて、ちょうどおなかも空いているものだから、自分でも作ってみたいと思うことは思う。そしてついには作らず終いなのだが、先週はめずらしく作ってみた。男子ごはんというだけあって、シンプルで簡単、というのがいいのだ。

それは・・・

豆腐とモッツァレラチーズのサラダ(4人前)

[材料]

豆腐(木綿):1/2丁
モッツァレラ:1個
aおろしにんにく:ほんの少々
 オリーブ油:大さじ1~2
 塩:小さじ1/2
 こしょう:適宜

[作り方]

1 豆腐はキッチンペーパーで包んでザルにのせ、上に皿などの重しをのせて15分くらい水切りをする。
2 ボウルにaを混ぜ、1とモッツァレラチーズをちぎりながら加えて和える。

先週はこのとおりに作ってみてとても気に入ったので、今週はこれにトマトとオレガノを加えてみた。

Image1 完成品

モッツァレラチーズが大好きな私にはたまらない一品。お豆腐の食感がチーズに似ていて、お豆腐の量の分ヘルシーな感じがする。(チーズを摂り過ぎないのがよい)

*おろしにんにくは必須。これが入るのと入らないのとでは大きく違うような気がする。にんにくを入れすぎないことに注意。

試してないけど、ワインに合いそう。

男子ごはん http://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真に否定的な割には、今日のブログは写真が中心・・・(反省)

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ