« non title | トップページ | non title »

2009/01/31

non title

先日ある人とのおしゃべりのなかで、学校の構内整備の話になって、その人が“ドッグ・ラン”なんか作ったら面白いんじゃないの?とおっしゃった。これにはかなり笑えたが、あとから思い出すとなかなかイカしたアイデアではないか。実現は難しいとは思うけれど。大学の周りでは多くの人が朝昼晩と犬の散歩をしている。このような市民の方々が犬を通じて語らえる環境を用意して、そうすると学生も自然と集まってきて、そこに交流が生まれるようなイメージがわく。

ドッグ・ランというと、私が見たことのあるのはニューヨークのユニオン・スクエアやワシントンスクエアのそれである。そこでは飼い主が柵のなかに飼い犬を放し遊ばせながら、飼い主同士交流をはかっていたり、公園をとおりかかった人がかわいらしい犬を眺めて癒されたりしている。ワシントン・スクエアはニューヨーク大学の一部みたいなものだから、きっと学生や教職員も立ち寄ったりしているにちがいない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

図書館の方から、MoMAに関する記事を教えていただいた。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20090129/184282/

確かにこのマフラー、MoMAストアで見たことあったが、まさか我が群馬県の桐生が発祥だったとは!うれしいかぎりである。

しかし、群馬にはこんな誇れるものがあるのに、なかなかそれが知られていない実情があるようだ。先日発表された日経リサーチによる「2008年地域ブランド戦略サーベイ」で、ショックなことに群馬県は全国でワースト1だったのだ。そんなばかな・・と目を疑った。しかも、ワースト3は北関東3県となっている。群馬には名湯がいくつもあるが、それらはどうやら「草津温泉」「伊香保温泉」などと単体でPRしていたりして、「群馬の」というところに観光客は意識がないらしい。(今朝のテレビでレポートしていた) それにひきかえ、北海道などは、観光スポットを複数結びつけたプランを観光客に提案し、観光エリアのネットワークづくりを重視しているとか。なるほど、確かに群馬はその場所ごとに独りよがり的なところがあるようにも感じられる。今はどこでも語られているが「共生」を意識しなければならないのかもしれない。

日経リサーチ http://www.nikkei-r.co.jp/area_brand/

順位表 http://www.nikkei-r.co.jp/area_brand/pdf/index_1.pdf

■私が選ぶ群馬のおすすめ品

・焼きまんじゅう

・七福神あられ http://www.7292.com/

・下仁田ねぎ http://www.town.shimonita.gunma.jp/contents/Contents.asp?CONTENTNO=39

・たむらやの味噌漬け http://www.tamuraya.com/

・高野の忠治漬け http://www.takanowasabi.co.jp/

・松露庵の赤城しぐれ(飴) http://www.news.imap.ne.jp/cat7/021024syouroan/index.html

松露庵は我が伊勢崎市にあるお店。私は飴はあまり普段好んで買わないが、母が美味しいから人にあげると買っているのを知り、私も大好きになった。見た目も上品で琥珀色の美しい飴だ。そして飽きがこない。きっときっと密かなファンがいるはずだ。

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ