« Cuba | トップページ | non title »

2009/02/15

non title

最近の出来事

『ニューヨーク空中散歩』という朝日新聞社が1988年に出版した写真集を最近眺めている。ずっと前に多分、東京のどこかで古本で買ったもので、原題は"ABOVE NEW YORK"(写真:ロバート・キャメロン、文:ポール・コールドバーガー)という。

この写真集、しばらく目のすぐ行くところに広げておいて、ふとした瞬間に眺めているのだが、つい見入っていると、1枚の写真でも20分、30分がすぐに経ってしまいそうだ。特に面白いのは20世紀初頭に撮影されたエリアを80年代のそれと並べて、しかもちょっとした解説をつけてくれているところで、今更だが、新たな発見もあったりする。

新たに知ることになったのが、ニューヨーク公立図書館のエリアを上空から撮影した1枚から。図書館裏にはブライアント・パークがあるが、そのパークをぐるっとビルが取り囲んでいる。そのビルのひとつが、なんとジョージア・オキーフが描いた「ラジエーター・ビル」だというのだ。1924年に建てられたそうで、当時は初期摩天楼の傑作とされていたとか。オキーフは1927年にこのビルを描いていて、彼女がブライアント・パークの位置からこの絵を書いたと思うと、感動してしまう。いまは、もっともっと高いビルに埋もれて目立たなくなっているが、写真を見ると存在感のありそうなビルだ。

Image ←ニューヨーク空中散歩

↓Gオキーフ ラジエータービル(1927)

10050112aposters

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Kさんより絵手紙が届く。キリのよい枚数のとき送ってくださる。

Image2_2 通算2300枚目 スゴイ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

友人から片桐はいりの『グアテマラの弟』を読んだよ、とメールが来る。『私のマトカ』に次ぐ彼女のエッセイで、実に面白い。友人も言っているが、装丁がまたいい。『私のマトカ』の装丁もすごく気に入って買ったのだが、本をその装丁に惚れて買いたくなる最たる例だと思う。加えて中身も面白いから言うことなしである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コールドプレイのCDを買う。

あまりにもヒットしていると、逆に購入意欲が薄れる私だが、ラジオでよくかかっているのを耳にするにつけ、買わなきゃ・・と思うようになった1枚。(いや、2枚組み)

« Cuba | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ