« non title | トップページ | 香港市民生活見聞 »

2009/02/28

non title

昨日、雪の日の東京出張。

訪問先のアクセスマップをプリントアウトして行ったのだが、その地図がわかりずらくて、近くで困り果て、通りがかりの赤いジャンバーのおじさんに尋ねてみた。すると、親切に教えてくれ、迷っていた辺りの裏通りにそれはやっと見つかった。そして・・・その建物に近づくと、先ほどのおじさんがなんと、先回りして「ここだよ!」と指差してくれていた。雪の中、傘さして。とてもとても寒かった日、心の根っこの部分がじわーと暖かくなるのを感じ、目頭が熱くなってしまった。下町だった。人情の町は健在。私はそのおじさんに深々と頭を下げた。後になって、先日読んだ日常にいる天使についての短編を思い出す。もしかして、あの人は天使かもしれないな。

--------------

偶然、テレビで、『サウンド・オブ・ミュージック』のモデルとなったトラップ一家についての特集を見た。(たぶん、再放送) この映画は有名だしよく知っているつもりだったのに、この一家にまつわる壮絶なストーリーについては、今回初めて知った。「事実は小説より奇なり」というけれど、この番組を見て本当だな、と思った。この一家はオーストリアの貴族だったが、無一文で亡命したアメリカでの生活が、あのミュージカル映画のあとの映画以上のストーリーである。

7人兄弟の次女、マリア(偶然、家庭教師としてやってくるのもマリア。後に継母となる)は、現在90歳を越えている。アコーディオンを弾いたり、編物をしたりと、とても元気だ。彼女がオーストリアでの生活、アメリカに渡ってきてからの生活を語る。とてもチャーミングな人で、素晴らしい人格。人生、その時々を精一杯生きてきた、過去について自慢したり振り返ったりしない人。楽観的でおおらか。こんな人物に私は妙に惹かれる。人はいろんな生き方があっていい、と教えてくれる。番組の構成も見事だ。語り部の次女マリアがどんな人生を送り、どんな環境にいま身を置いているかを、最初から伝えない。だから見ている側は最初、彼女は貴族出身で何不自由ない生活をし、結婚していまはきっと孫たちに囲まれ・・・のように想像しながら見ることになる。そして、実はトラップ一家は貴族からアメリカ移民となり、どん底からスタートし、マリアはパプア・ニューギニアに宣教師として渡った事実なども明らかにされる。苦労の連続だったにもかかわらず、それを苦労と感じていなかったかのような表情が印象的。

アメリカのバーモントに、トラップファミリーが経営しているロッジがあるそうだ。確かバーモントは映画『いまを生きる』でも舞台になったところではなかったか。自然が素晴らしいという印象がある。いつか行ってみたい場所がまたひとつ増えてしまった。

*後で調べたら、『いまを生きる』の舞台はニューイングランドであった。

----------------

日がだいぶのびてきて、夕方仕事が終わって久しぶりにグランド脇を通って帰った。野球部の学生が練習をしているのを見ていたら清清しい気分になった。誰かが好きなことに打ち込む姿を見るものいいものだ。

« non title | トップページ | 香港市民生活見聞 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ