« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009/05/26

11th St. in NY

ただ11thストリートを歩いた。

2008年某月某日 (回想録)

ニューヨークに着いて、一夜明け、初日はダウンタウン方面へ行ってみることにした。レキシントン・アヴェニュー沿いに南北に走る地下鉄④⑤⑥(どれかは忘れた)に乗って、まずはユニオン・スクエアまで、そしてグリニッジヴィレッジ方面へ・・・という思いつき。

滞在先から一番近い地下鉄の駅59stから乗ろうと、入口を探し、階段を下りて、まずは自動販売機でメトロカード(バス、地下鉄に数回は乗れる分のカードにした)を購入した。そして、いざ改札を通り抜けようと、カードを機械に滑り込ませたところ、私のタイミングがマズかったのか、機械の調子が良くなかったのか(多分前者なのだろう)、改札は押しても開かず・・・何度かトライしたけれど、一度読み取りされたメトロカードは、時間が経たないと使えないしくみになっているようで、エラーが続発。最初からこれかぁ・・・と、意気消沈しかける。駅員に相談しようにも、その入口は無人で、ただ立ち尽くす私。私の後ろから入ろうとした男女がいて、男性のほうが、気の毒そうな表情で「10分くらいしてからだと、きっと入れますよ」と親切に声をかけてくれた。こういうトラブルは、この街ではよくあることなのだろう。1回分のチケットを買おうとも思ったが、その販売機では確か買えなかったのだ。

10分かぁ・・・

それだけあれば、ひと駅歩けちゃうなぁ、と思い、そのまま地上に上がり、レキシントン・アヴェニューを徒歩で南下した。そして51stだったか、の駅で、今度はタイミングを失敗しないようにカードを挿入して、機敏に(無事に)改札口を押した。

余談だが、NYの改札は日本のとは違い、牢屋の鉄格子のような感じ。飛び越えてしまう人がいないように、足元から天井近くまで頑丈なつくりになっている。

日本だったら、事情を駅員に話して、カードをチェックしてもらえば、改札を通してくれるだろうが、ニューヨークのようなところでは、全てが運次第。ダメなものはダメで、次なる手を考えなければならない。たとえ駅員がいたとしても、相手にしてもらえないだろう。だから諦めも必要になってくる。

地下鉄。

初めてのNY(89年)では、地下鉄は危険だからと、昼間でも移動手段には使わなかった覚えがある。興味はあったが、恐かった。すごい落書きがされていると聞いていて、イメージも悪かった。きっと、乗ったところで、何も起きはしなかっただろう。でも、そのときは移動は全てタクシーかバスか徒歩で通した。

今は、落書きも消え、深夜でなければまったく問題ない。安くて早い地下鉄は、NYでは特に南北の大きな移動には最適だと思う。

そして、ユニオン・スクエアで降りた。

ストランド・ブックストアが1番目の目的地。(ストランドのことはここでは省略) たっぷりこの古本屋で時間を過ごし、数冊の本を手に入れて、ユニバーシティ・プレイスを横切り、5番街に出た。

そして、5番街と6番街の間の11thストリートに足が向く。見えてきた。5番街と11thストリートの角にある古い教会が。一般の人が中に入ることはできなさそうなのだが、重い雰囲気の教会。以前からとても気になっているが、そのときも、中には入れなかった。

Resize0073 これがその教会

そして、ただ11thストリートを通り抜けた。

NYに来たからには歩いておきたかった。

どうしてか、そのわずか2~300メートルほどの通りに、いつも変わらず自分の思いが馳せられるのだ。きっと、その通りにある小さなホテルに泊まったことがあるせいだと思う。その通りは、自分にとって、意味を持ってしまっている。NYを思うとき、いつもその通りから、という具合に。

ただ、想像すると落ち着く、いつもイメージできる、という程度のことかもしれない。でもそれは不変性があるのだと思う。

でも、いざ、そこを歩いてみると、実はあまり実感がわかない。でも、あとから思い出してみると、じわじわ来る。両サイドは、ブラウン・ストーンのアパートメントが並んでいるだけ。古いけれど中はリノベートされて素敵な空間なんだろうと想像してみたりする。

その日は、真冬のどんよりした天気で、でも、気温はその季節にしては暖かかった。歩いていると少し汗が出てくるほどに。

どこか寂しげなストリート。でも、ニューヨークらしい雰囲気を感じ取れる場所。

その場所に自分がいることの不思議さ。

Resize0074 11th St. between 5th & 6th Ave.

何をするでもなく、その場を通り過ぎて、6番街に出たら今度は北上。地下鉄の駅(14st)まで行き、ミッドタウンに戻った。

2009/05/20

non title

前橋から渋川に出張。

前橋での用件を済ませ、群大病院近くに担担麺専門店があると聞いたことを思い出し、お昼をそこでとろうと行ってみた。その名も「たんさゐぼう」。

妙に洒落た麺やさんで、ちょっとかしこまってしまいそうだった。お店の雰囲気どおり、担担麺も上品というか、ボリュームが少なく、たくさん食べたい人には物足りないかもしれない。大盛りもあるけれど。でも、スープの味はとても美味しく、合格点。餃子も食べたかったけれど、午後は進学説明会だったため、断念・・ 悔やまれる・・

そして、何より、テーブルの上に置かれたポットに惹かれた。

Image_2 DENMARK alfi と書かれてあった。

なんて素敵な形だろう。

あとで調べてみると、デンマークではなく、ドイツの魔法瓶のメーカーのようだ。なぜ、DENMARKと? デザインがデンマークで行われたのかな。

関連サイト http://interior.main.jp/alfi.htm

alfi 公式サイト http://www.alfi-isolierkanne.de/

担担麺麺専門店 たんさゐぼう http://www.dan-b.com/tansaibou/         

2009/05/17

non title

留学生を4人連れて、群馬県警主催の外国人キッズ柔道に参加。会場は太田警察署。太田、大泉地区に住む主にブラジル系の子供たちが日ごろ柔道を学んでいて、2周年を記念する合同練習会だった。

うちの留学生は柔道着も借りて、指導を受けたあと、大外刈を子供たちの前で披露し、大きな拍手を浴びた。それがなんだかとても嬉しくて、あー、この仕事していてよかったなぁと思えた。自分に置き換えて考えてみるのだ。もし、自分が海外に留学したとして、見知らぬ地で不安もあるなか、地域に受け入れられ、拍手までもらえたらどんなに励まされるだろうか、と。

そのほかに日本人の学生も2人、このイベントに参加してくれた。彼らはお手伝いとして要請されたのだが、実際に行ってみるとあまり役目がなく、やや手持ち無沙汰だったが、警察関係者と交流ができて満足している様子だった。こうやって、警察の活動の一部を勉強させてもらえて、参加した甲斐があったのではないかな。

(この様子は大学のHPに記事を書きましたので、恐らく明日、公開されると思います。ぜひ見てください。写真もあります。)

2009/05/16

non title

一番最後に公衆電話を使ったのっていつだったろう。

Image1 今日改めてじっくり見てみた。

ボタンの数字が大きくなっていたり、ボリュームを↑↓できるボタンもあった。きっと高齢者を意識しているのだろう。携帯電話を持つまでは、当たり前のように使っていたので、妙に懐かしく思う。使いたいのに、すでに使用者がいたりして、待たなければならにこともあったのがウソのようだ。最近は電話ボックスも見なくなったなぁ。夜、街角や公園の隅に薄ぼんやりと電話ボックスを見ると、不思議と安心感があった。そんな光景はなくなってきている。

・・・・・・・・・・

伊勢崎市内を車で走っていたら、ドイツ菓子のお店がオープンしていたので、立ち寄ってみた。狭い店内は地味で、でもドイツ菓子だから地味がいい。思ったとおりバームクーヘンがあったり。そして、見つけた。やっと。

Image2 シュトレン

以前テレビで紹介されていた、ドイツのクリスマスシーズンのパン菓子。これ、食べてみたかったのだ。店内には大小2種類あったので、とりあえず小さいほうを買ってみた。

Image3_2 袋から出すとこんな感じ

そして、切ってみると・・・

Image4 レーズンやクルミの入った素朴なパン

そのまま食べてみたり、トースターで軽く焼いて食べたりしたが、ちょっと焼いたほうが美味しかった。上にたっぷりまぶしてある粉砂糖が、パンなのだけど、お菓子的要素をアピールしている。今度は大きいほうを買ってみよう。

この記事を書きながら調べてみたら、このお店は前橋から移転してきたようだ。そういえば、見かけたことがあり、一度くらい入ったことがあったかもしれない。

シュトレンについてはこちら

ドイツ菓子店ザウバーについてはこちら

・・・・・・・・・・

市立図書館で本を借りる。

・ナポリへの道 片岡義男

・Xの悲劇 エラリー・クイーン

・誠実な詐欺師 トーベ・ヤンソン

・人形の家 トーベ・ヤンソン

・猫のパジャマ レイ・ブラッドベリ

2009/05/14

non title

この季節には珍しい嵐のような強風が吹いた。

夜までおさまらず。

Image 駐車場のモミの木(?)もすっ飛ばされそうだった。

同僚のT女史が、「石原さんの風邪もこの風に飛ばされちゃえばいいですね」と何気なく言った。そういう発想っていいなぁ。スパッと風に飛ばされちゃえばいいことってあるよね。あれやこれや。

私と同じく風邪気味の父にイチゴを買って帰った。

2009/05/10

GRAN TORINO

映画「グラン・トリノ」を見る。

今年のマイ・ベストになるだろう。

よかった。

こういう映画を見たあとは、感無量で、言葉を失う。

クリント・イーストウッドってすごいなぁ。

GRAN TORINO http://wwws.warnerbros.co.jp/grantorino/#/top

2009/05/09

non title

今週ずっと雨模様だったのが、今日は夏日となる。今朝、A氏より不意にCDをいただき、半日仕事を終えたあと、スカッとした天気のなか、車を運転しながら聴いてみた。予期せぬいただき物って、なぜか手にしたあとワクワクする。

Image JAZZで聴く井上陽水作品集

JAZZだから、こんな晴天のドライブには合わないかな・・とも思ったが、これがとてもマッチしていたのだった。歌詞なしのBGMとしてドライブにぴったり。押し付けがましくなくって、優しい贈り物に感謝。

車の窓を全開にして走っていたら、気持ちよくなって、これは昼寝しかない!と、伊勢崎のとある場所の桜の木の下に車を止めて、予約していた美容室の時間まで1時間ほどあったので、本を少し読んでから昼寝をした。この時期のうたた寝って最高である。新緑の木の下は日陰になっていて、ちょうどいい風が入ってきて・・・

Image2 窓から上を見上げた

そして、4ヶ月ぶりに髪を切った。

美容室の店長が、「やっぱり暑くなってくると、カットするお客さんで混んでくるんですよね」と言っていて、いつもは待たされることもないのに、今日は少し待ち時間があったり。でも、そんなことは少しも気にならないくらい、気分は上々の土曜の午後。

本当は映画も見に行こうかと思っていたのだが、今日は止めておく。あまり欲張っていろんなことを詰め込まないほうがいい日もある。

2009/05/07

non title

Art and the Crisis of Marriage

という本を借りて読んでいる。

とある先生が、他大学より借りてくださったので、大変ありがたく。

しかし、英文なものだから、大変だ。でも、興味のあることって、知りたくてたまらないものだから、どうにかこうにか、(難しい単語は飛ばし飛ばし)読み進めている。といっても、昨日小一時間ほどで5~6ページではあるが・・・

オキーフやホッパーの結婚生活にも触れた内容で、興味深い。まだオキーフのところなのだが、いままで、オキーフの結婚生活(相手はやはり芸術家(フォトグラファー)のアルフレッド・スティーグリッツ)に関しては、想像するのみだったが、これでかなり疑問だったことが晴れていくような気がする。

2009/05/06

non title

連休最後、恵比寿のウェスティンホテルに宿泊。このホテルは手ごろな価格で高級感を味わえるので、とても気に入っている。今回は映画のチケット+朝食が込みになっているプランで申し込んだ。このホテルのザ・ガーデンというレストランでの朝食は、私の知る限り最高である。もっとも、“超”がつくリッチなホテルには縁がないので、きっと上には上があるとは思うが。オムレツは注文と同時に作ってくれたり、ジュースは目の前でフルーツを搾ってくれる。そんな優雅さが気に入っている。

今回はあいにくの雨で、出歩くのが億劫になり、夕食はコンシェルジェでお勧めレストランを聞いて、すぐ近くのカジュアルイタリアンに行ったりも。

(そのイタリアンのURLを載せておきます)

ダ・パスクワーレ http://www.pasquale.jp/index.html

このお店、内装がとても可愛らしい。壁に素敵な絵が描かれている。また、ピザを焼くための釜が客席すぐ近くに迫っていて(お店自体が小さいせいもあるが)、アクセントになっている。そして、何より、店員さんが気が利いている。雨で濡れた荷物を丁寧に拭いてくれたり、コートを預かってくれたあと、帰るときにはちゃんと着せてくれたり、濡れた折りたたみ傘を布ナプキンで包んでくれたりと。ここまでしてくれるお店はなかなかないと思う。

普段、せかせかした毎日を送っているのだから、たまの休日はこんなふうにのんびり過ごすのも悪くない。ちょっとしご褒美だ。

映画(いとしい人)のほうは、つかみどころのない作品で、最近にない駄作のように思えた。ヘレン・ハントが「いとしい人」に気づくまでの心理描写がいまひとつで、心の動きが観客に伝わらないのである。風邪ぎみだったため、薬を飲んだせいで、映画の冒頭で睡魔が襲い、不覚にもウトウトしてしまうし・・・。ヘレン・ハント、コリン・ファース、ベット・ミドラー、マシュー・ブロデリックと、キャストは最高なのに、ちょっともったいない感じの内容だったように思ったのは、私だけだろうか。でも、ベット・ミドラーはけっこう、好演していた。

いとしい人 http://itoshii-movie.com/

2009/05/03

non title

GW真っ只中というのに、ETCの割引を目当てに、新潟の寺泊まで出かけた。新潟は隣の県だが、なんと結果的に往復400km以上の走行で、そうめったに行こうとはなかなか・・・

大渋滞を予想して、夜明け前に出発したのが功を奏し、全てが順調であった。

まずは弥彦神社へ(初めて)

Koho0170_2  落ち着いた雰囲気の境内(早朝で人もまばら)

万葉集にも歌われたとかで、とても古い神社だとか。敷地はとても広くてゆったりしている。

神社の背後に迫る山にも登った。(もちろんロープウェイで)

Koho0169_2 山頂からの眺め

さすが新潟は米どころ。ちょうど田植えが始まる季節で、水田が広がる様子が手に取るようにわかった。山の反対側は日本海がすぐそこに迫っている。

その後、お腹も空き、速攻で寺泊へ向かう。

Koho0168 ←これが最大のお目当て二色丼定食

Koho0171 Koho0172 Koho0173

寺泊は、小学校の臨海学校の地であり、馴染みのあるところだったが、市場に来たのは今回初めてで、ただ、想像していたより小さいエリアだった。もっとすごく広い市場を想像していたものだから。新鮮な魚介類は美しい、と思わず写真におさめた。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ