« non title | トップページ | non title »

2009/05/17

non title

留学生を4人連れて、群馬県警主催の外国人キッズ柔道に参加。会場は太田警察署。太田、大泉地区に住む主にブラジル系の子供たちが日ごろ柔道を学んでいて、2周年を記念する合同練習会だった。

うちの留学生は柔道着も借りて、指導を受けたあと、大外刈を子供たちの前で披露し、大きな拍手を浴びた。それがなんだかとても嬉しくて、あー、この仕事していてよかったなぁと思えた。自分に置き換えて考えてみるのだ。もし、自分が海外に留学したとして、見知らぬ地で不安もあるなか、地域に受け入れられ、拍手までもらえたらどんなに励まされるだろうか、と。

そのほかに日本人の学生も2人、このイベントに参加してくれた。彼らはお手伝いとして要請されたのだが、実際に行ってみるとあまり役目がなく、やや手持ち無沙汰だったが、警察関係者と交流ができて満足している様子だった。こうやって、警察の活動の一部を勉強させてもらえて、参加した甲斐があったのではないかな。

(この様子は大学のHPに記事を書きましたので、恐らく明日、公開されると思います。ぜひ見てください。写真もあります。)

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ