« non title | トップページ | non title »

2009/07/29

non title

昨夜NHK-hi でドラマ「スパニッシュ・バスの男」~情熱の街 最後の一日~というのを見た。ドラマといっても、半分は街の紹介のような形式で、ちょっと旅行気分を味わえる構成になっていた。

舞台はマドリード。

「マドリードでの赴任生活を終えようとしている日本人サラリーマン(萩原聖人)が、バスでとある事件に遭遇。謎の美女を追って、情熱の街を走っていくうちに…。ハードボイルドタッチのドラマに巻き込まれていく。バスからバスへと乗り継ぎながら、マドリードの美しい景観を味わえるほか、垂ぜんのスペイン料理も満載。」(番組ホームページより)

登場人物はほとんど萩原と謎の美女で、ときどきドラマから離れ、バスの運転手やバルのオーナーなどが、仕事や店について語るという面白い形式。

マドリードの街並み、行きかう人々の様子、まぶしい太陽の光・・・

とても魅力的な街に思えた。

プラド美術館、いつか行ってみたい。

想像していたのとは違い、マドリードはとても清潔で安全なように思えたし、何と言っても建造物が本当に美しく見えた。路線バスに乗って、ぼーっと、ただただ街を眺めるって、結構贅沢だと思う。ドタドタと観光名所を回るよりも、心に残りそうである。

そして、番組内で紹介されたいくつかのバルのなかで、シードルとチキンで有名なバル、ぜひ行ってみたいと思った。

この企画、ぜひニューヨークとかヘルシンキなんかでもやってもらいたい。

香港でもいいと思う。

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ