« non title | トップページ | non title »

2009/08/24

non title

今日もまた植草甚一の本について。

「ぼくのニューヨーク案内」

この中でブロードウェイについて箇所は、私自身、ミュージカルなどにはあまり興味ないので、飛ばしてしまったが、それ以外については気に入った箇所がいくつも見つかる。

たとえば・・・

P26

「ぼくがいたグリニッジ・ヴィレッジのホテルの八階の窓からは、世界最高のワールド・トレード・センターの二つのビルが真正面に見えた。そのビルの朝の姿の美しさを知っているのは、ニューヨークの人たちでもそう大勢はいないだろう。太陽が昇りだすと、左側のビルの壁面左側が金色のネオン・チューブを取り付けたように輝きはじめるので、思わず見とれていると、その金色の垂直線が大気のせいか、電気が通じたようにビリビリと振動しているのに気がつく。」

この光景は、もう二度と見ることができないのだ。

植草氏が911のことを知ったら、どう思うだろうか・・・そんなことが頭をよぎる。

そして以下の、ゲイ・タリーズが「ニューヨークは気がつかないことばかり起こっている都会だ」と紹介したNYは、私が常に求めているものだ。

P171~

「朝の五時。疲れきった表情のジャズメンとバーテンが家路を急いでいくかと思うと、パーク・アヴェニューでは、往来で鳩が遊んでいる。この頃合いにニューヨークが一番おっとりしてくるのは、夜ふかし族が眠ってしまい、早起き族が、まだ寝ているからだ。夜ふかし族のなかには深夜営業のコーヒー・ハウスでねばっている者がいる。

・・・・・・・(中略)

こうして朝の六時になる。地下鉄の入り口から労働者の群れが姿をあらわす。ブロードウェイの交通量がまし、河の流れのようになってくる。そのころミセス・メアリ・ウッディは、ベッドから飛び起きると、お化粧もしないでウェスタン・ユニオンの電話室へかけつけ、ゆうべ頼まれた人たちに『おはよう。起きる時間ですよ』と知らせてやる。

・・・・・・・・(中略)

午前七時。パーク・アヴェニューの上流住宅区を、タートル・ネックのスウェターとベレー帽の男が歩いていく。・・・

午前七時半といえば、たいていのニューヨーク生活者が、まだベッドのなかから出られない時刻なのに、四十二番街にずらりと並んでいる十軒の映画館のまえでは、八時の開館を待っている人たちが行列を作っている。

・・・・・・・・・・(中略)

ニューヨークには500人の霊媒がいる。車を引っ張りながら焼き栗を売っている者が200人。鳩は30万羽。銅像と記念碑は600ヶ所ある。」

などなど、60年代のNYのある一日を切り取ったようなこんな描写がたまらなく好きだ。もちろん、植草氏がこの一節を気に入って自著のなかで紹介しているわけだが、さすが、よく目に留めたなぁ・・と思う。この本は、ちょっとした宝物になりそうだ。

« non title | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ