« pool | トップページ | ニューヨーク読本 »

2009/09/15

non title

訪問先の某短大の構内を歩いていたら、靴の下がごろごろする場所があって、見ると、それは、ドングリの実がたくさん落ちていたからだった。

まだ青いままのがほとんどだった。

Image

こうして、ドングリをじっくり見たのは、とても久しぶりのような気がする。

これから先、こんなふうにドングリを見つめるのは、何度くらいなんだろう・・・などと、切ないことを思いながら、自然に「どんくりころころ」の歌が頭を巡る。

ところで、私はずっと大人になるまで、しかもつい最近まで、どんぐりころころの歌詞を間違って覚えていた。

    どんぐりころころ どんりこ ♪

というところを

    どんぐりころころ どんりこ ♪

と。

こんなふうに歌っている人、他にいないかなぁ・・

« pool | トップページ | ニューヨーク読本 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ