« non title | トップページ | Gilbert Grape »

2009/09/01

non title

旅から戻る。

数日間が1ヶ月ほどにも感じるのは不思議だ。

旅立つときの空港は、未来が開かれているかのようなのに、同じ成田でも、帰国のときのそれはどんよりとしているように感じられる。物事の見え方など、おおよそ個人の気分しだいで違ってくるのかもしれないと、帰りのバスを待つ間に思ったりする。それでも、帰りのフライトで隣に座った異国の人は、これからまさに旅が始まるところで、その人の数日間を想像するのがせめてもの慰めとなる。グッドラック!

当たり前といえば当たり前なのだが、旅から戻ると、普段悩んでいたことが、まるで小さな取るに足らないものに思える。普段と違う景色を見ることは、自分には必要なんだと思う。ホテル近くの公園のベンチでぼーっとしていると、どこからかピエロがやってきて、ゴミ箱の上によじ登り、ピアニカを弾き始めたりなどする光景を見ると、いろんな人生があるのだと改めて気づかされたり。路線バスに乗って遠出をすれば、辺鄙なバス停で言葉の通じない人が降り、乗ってくるのをながめ、あらゆる場所に人生はあるのだと知る。

Resize0096

« non title | トップページ | Gilbert Grape »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ