« Seurasaaren ulkomuseo | トップページ | people ヘルシンキ番外編 »

2009/09/30

Suomenlinna

スオメンリンナ島

8月某日

ヘルシンキのマーケット広場から発着するフェリーでスオメンリンナ島に行くことができる。所要時間はわずか15分なので、ヘルシンキを訪れる人は必ず上陸するのではないだろうか。何しろユネスコ世界遺産に登録されているから。

でも、なぜか私は3度目にして初めて上陸したのだった。以前は島々を周遊するフェリーからこの島を眺めただけだった。フィンランドの海岸を守る要塞だった、というところが、私にはあまりピンと来なかったのだと思う。

今回も、この島にある教会でのコンサートという目的がなければ、行きそびれたかもしれない。

ヘルシンキ到着後、すぐにホテルの近くにあったインフォメーションセンターに行って、催物のガイドを入手した。滞在中のイベントの中から、今回はフィンランディアホールでのオーケストラによるクラシックコンサートと、このスオメンリンナ島でのジャズコンサートを選んで、事前にチケットを買いに行った。だいたいのチケットは、老舗デパートのストックマンの上のほうの階で買うことができる。

教会でのコンサートは、夕方6時から始まることになっていたので、その2時間前くらいにフェリーに乗って、島に向かった。フェリーに乗るとき、雨がサーッと降ってきたので、デッキに出ないで室内から海を眺めていた。船内は意外と空いていた。

上陸すると雨も止んでいて、人の流れに乗って歩いてみた。

スオメンリンナ島は、4つの小さな島から成っている。地図で見ると、4つ合わせても縦横1km以内。かつて要塞だっただけあって、大砲などがオブジェのようにあちこちに配置してあったりする。

Aerial_photo_of_suomenlinna スオメンリンナ島全景(オフィシャルサイトより)

(写真はクリックで拡大されます)

島内の雰囲気↓

Resize0122 Resize0121 Resize0124

Resize0132 Resize0130 Resize0123

さて、目的のコンサートはトランペットとオルガンのセッション。

何の予備知識もなく、ぼんやりと演奏に耳を傾けた。オルガン奏者は、普通のオルガンとパイプオルガンを演奏。トランペット奏者が、時折音楽の解説をしているようだったが、フィンランド語だったため、さっぱり分からなかった。それでも、その音楽が不思議と自分の中にスッと入ってきていた気がする。何と表現したらよいか分からないが、その“暗さ”を思わせる響きが心を落ち着かせる、とでも言おうか。しっとりしている、とでも言おうか。

Resize0133 セッションの様子

trumpet : Verneri Pohjola     organ : Tuomo Prattala

Resize0126 Resize0125 Resize0131 会場となった教会

コンサートが終わっても、日が長い季節なので外はほの明るい感じで、そのまま帰る気にもなれず、再び島を歩いてみた。

夏にスオメンリンナに行くなら、私は日の沈む少し前の夕方に行くことを勧めたい。島には住民もいるので、暗くても安心できる雰囲気をもっているし、とても素敵な感じがした。風も涼しかったし。

少しだけビールなんか飲んだせいかもしれないけれど。

Resize0127 Resize0128 Resize0129

明日は帰国という日だったせいでか、名残惜しい気持ちで、帰りのフェリーに乗り込んだ。今度はデッキの席に座って、少し冷たい風を受けながら、もうしばらくの時間、港に着かなければいいのに・・・などと思ったりして。

港に着くと、一緒に島からフェリーに乗ったダウン症のカップルが私の前を行くのだった。20歳前後の恐らくフィンランド人のその二人は、とても強く印象に残っている。男の子のほうが、女の子を気遣っていて、微笑ましくて。女の子はおしゃれしていて。彼女の靴下が左右チグハグだったのが、いっそう可愛らしく思えた。やがて二人はヘルシンキの街に消えていってしまったけれども。

翌日、空港に向かう前にCDショップに行って、前日のジャズのトランペット奏者のCDがないかと探したところ、なんとあったではないか。それが、今回の自分にとって一番の買い物だったかもしれない。

51cftupjfhl_sl500_aa280_ Verneri Pohjola : AURORA

スオメンリンナ島オフィシャルサイト↓

http://www.suomenlinna.fi/index.php?menuid=3&lang=eng

 

« Seurasaaren ulkomuseo | トップページ | people ヘルシンキ番外編 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ