« ぼくのニューヨーク地図ができるまで | トップページ | 完全なる証明 »

2009/12/12

non title

高島屋の食器売り場のところを通ったら、イッタラの食器類が、それもクリスマスカラーで統一されて展示されていて、思わず立ち止まって見入る。赤で揃えるのはなかなかできないが、こうしてクリスマスシーズンに目にすると、やっぱり素敵だな、と思える。特に北欧の長い夜が続く冬には、これくらい鮮やかでしかも温かみのあるデザインが人々の沈みがちな心を励ましてくれるのだろう。

Dish1

Dish2

下の写真の左上のお皿のベース色が白のを1枚持っている。

昨年NYのロックフェラーセンター内のセレクトショプで、たった1枚売れ残っていたものを、すごく安い金額で購入したのだった。ずっと欲しかったものだったが、定価で買うのは高く、ちょっとためらっていたものだった。思いがけない場所で偶然見つけたものだから、1枚だけだったのが残念だったが、即、レジに並んだ。係りの女性が「いい買い物しましたね」というようなことを言ってくれたのが嬉しかったのを覚えている。

« ぼくのニューヨーク地図ができるまで | トップページ | 完全なる証明 »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ