« year end | トップページ | non title »

2010/01/02

new year

読書のお正月。

朝、目覚めたときも、ふとんの中で本を読む。

今日は伊勢崎神社に初詣に行って、午後はまた読書。「ミレニアム-ドラゴン・タトゥーの女-」の上巻があと少しで読み終わる。

同時に先日、古本で手に入れた、中尾道さんの「女ひとりで暮らすニューヨーク」も読んでいる。中尾道さんの名前は、ことあるごとに目にしてきたはずなのに、彼女の著書はまだ読んだことがなかったので、とても新鮮だ。中尾さんは1956年にアメリカに渡り、この本を出した85年には、すでに約30年近くもニューヨークに住んでいたというので、すごいなぁ、と思わずにはいられない。まだ日本企業の駐在員と若干の留学生くらいしか日本人がいなかった時代のニューヨークが、そこには書かれている。中尾道さんは、「ジャパン・ニューヨーク」という日本語の雑誌をニューヨークで発刊した方として名が知られている。この時代の特に女性の日本語の文章って、とてもエレガントで読みやすい文体で、私は好きだ。このエッセイも読み終えるのがもったいない・・・ 味わって読んでいる。

ところで、このエッセイを読んでいる間、私は中尾道さんがまだニューヨークに住んでいるのか、それとも帰国されたのか、存命なのかどうか知らずにいたのだが、たまらなく知りたくなり、いまネットで調べてみた。残念なことに93年に他界されていることをいま知った。でも、このエッセイを読むにつれ、なんだか、まだ彼女はマンハッタンのどこかにひとり暮らしているのではないか、と思いたくなってしまうのである。

中尾道さんについて http://www2.scc.rutgers.edu/ead/manuscripts/nakaof.html

  

« year end | トップページ | non title »

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ